作図に萌える

懸賞 2009年 03月 16日 懸賞

b0146998_827896.jpg


ドイツからのクロシェの本を読んで
いえ、正確には「眺めて」いたら
作図のコツがわかってきたの。

さすが、ドイツ、、、
几帳面に、並べられた模様をみていると、
めちゃくちゃ萌えます♪♪

それを、自分で作れるなんて~~へへへへへ
これで、自由に自分でデザインして、クロシェ模様が作れる!!

と、この土日はりきってました。
ま、頭の中のデザインと出来上がりはなかなか一致することは少なくて
作図しまくり、サンプルつくりまくりで、幸せにすごしていました。

なんかね、こうやって学んで、いろんなことを知っていくと
自分だけで、その知識を持っているのが、申し訳なくなってくる。

これを生かすのには、どうやったらいいんだろう、、、

と、また妄想が燃え上がり
自分で本を出したら、どうなるかなんて考えてました。

クロシェの基本の編み方からはじまって
ラウンドを増やしたり、減らしたりするとどういう効果やメリットデメリットがあるか。
それを利用して、どんな風にデザインを作っていくことができるか。
また、あたらしく模様をつくるときの、考え方の基本。
自分で、実際にシートに作図して作品をつくっていく、、、、

なんて、レッスンをしたいデス。

素人が本を出すなんて、無理?
あ、でも漫画描いていたときの、同人誌みたいにつくればいい?
それとも、まずキットをだして、ためていくのがいい??

いろんな模様をデザインしながら、頭の中ではこんなこと考えてました(^^);
パソコンのソフトで一気に描けるらしいのですが
機械音痴のアナログ人間のあたしは、ひたすら手書き派です。

デザインシートのマス目をひとつひとつ塗りつぶしていく作業は
共通一次のマークシートを思い出すよ。

とにかく、自分にとってひとつ自由が増えたようでうれしいです。

みんなも、自分のデザインやってみようよ!!!


いつもビーズ馬鹿のあたくしに今日も応援お願いいたします♪
   ↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ
    <br class=
[PR]

by Fokame | 2009-03-16 08:27 | ビーズ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 素敵な服を買う   ドイツのクロシェ本 >>