糸とビーズによるクロッシェの編み心地の差

懸賞 2009年 09月 06日 懸賞

クロッシェの編み心地って、糸によって差があるとなんとなく思ってた。

テトロン糸はしなやかに
ナイロン糸はかっちりと

そう思っていたら、Maryさんがチューブクロッシェを何本か出してきて
「触ってみて」と言ってくれた。

なんとなく、どちらも張りがあるような、しなやかなような、、、、、
どっちもいい感じの手触りで、正直大差なかったの。

「ビーズによっても変わるよ」とMaryさん。

あ!と思いました。

シードビーズにも色々種類があって、つやがあってつるつるのビーズ。
渋い仕上がりが素敵なつや消し加工。

そういえば、このビーズの加工によっても差が出るんでした。

つまり、しなやかなテトロン糸も、つや消し加工のビーズを使えば、かっちりと。
つや加工のビーズを使えば、固めのナイロン糸もしなやかに仕上がります。

糸とビーズの加工の組み合わも大事だったんだって、改めて思いました。
良いことに気がつかせてくれて、ありがとう!




チューブクロッシェを触って、使った糸をあてる。
これをやっているときに、おかしなことを思ってたわたし。

チャングムの誓いの大ファンなあたし。
昼にやっている民放では、ちょうど医女になるための鍛錬をつんでいるところ。
脈をみて、その手触りの違いで、いろいろと診断がつくらしい。

チューブクロッシェをさわりながら、「お~まるで脈をとっているようだ」と思ってました。

「張りがありますが、その中にしなやかさがあります。」
「かっちりとした編み上がりに感じますが、わずかにやわらかさがあります」
「しなやかなようですが、この弾力は、、、」

などど、ひとりチャングムごっこをしてしまいました(笑


ビーズにも色々、糸にも色々。
いくらやってもビーズクロッシェは飽きません♪


真面目モードの本日、地道に編みます☆応援よろしくおねがいします~


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ
    <br class=
[PR]

by Fokame | 2009-09-06 07:34 | ビーズ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< カミングスーン(^O^)   鳥居みゆきに似た人 >>