アンモナイト

懸賞 2009年 12月 17日 懸賞

b0146998_6275376.jpg


アンモナイは、ミネラルショーに行くとつい買ってしまうアイテムです。
買った後、何かに使おうと、そのまましまってしまう私ですが、
Maryさんの手にかかると、扱いがぐっと変わります。

まず洗うそうです。
ただの水洗いかとおもったら、

ブラシでこする、歯磨き粉でこする、水につけておいてまたこする。
これを2~3日くりかえすそうです。
それだけでも、すごいなーと思うのですが、まだその後があって
グラインダーだか、ブラスターだかで、磨くそうなんです。
部屋中に、削った埃が舞い散り、はじめはすごいことになったそうです。
部屋で、ひとりでアンモナイトを削っていると、無の境地に入れるとか。
わかるよーな、わからないよーな、、、

また、彼女によると、化石は泥の堆積に埋まってただけあって、
泥がたくさんつまっているから、磨かないといけないんだそうですが
その泥にも種類があって、黄鉄鉱化する泥と、オパール化する泥と
泥をみれば、どんな性質のアンモナイトの化石かがわかるそうです。
黄土に埋まってたものがおおくて、黄土といえば、化粧品によくつかわれるもので
二次利用ができるといいのかも。

そんなことを、目をきらきらさせながら語っているMaryさんをみると
やっぱし、私の友達になってくれるだけあるなあ思います。
アンモナイトの産出国はモロッコだったり、チベットだったりするので
いつかそこに掘りに行きたいとまでおっしゃる。
治安の面で止めます。が、そののめりこみようは尊敬に値しますね♪

ミネラルショーに行くと、アンモナイトを箱で買う彼女。
そしてそれを磨き上げて、箱に大切にしまって
並べて眺めてまたしまって、また眺める。
アンモナイト見てると時間が止まるんだって。

彼女にとって、アンモナイトは特別なものです。
そして彼女に買われたアンモナイトは幸せ者です。
買うだけでなく、次々と作品にしていく姿がステキだと思います(愛

アンモナイトは彼女にとってライフワークになっているんだなと思います。
彼女の作り出す、アンモナイト作品がこれからも楽しみです。
私も彼女を見習って、まず洗ってあげることから始めないとね。

そんな私たちがやっている講習会、フロリッサに来てくださってる方
ありがとうございます。

来春は、1月17日(日)です。宜しくお願い致します。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ
    <br class=
[PR]

by Fokame | 2009-12-17 06:27 | ビーズ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< まだまだビーズボール   クロッシェビーズボール >>