いつも失敗するところ ^ロ^;

懸賞 2010年 03月 24日 懸賞

b0146998_7204714.jpg


ぴろ~んと出たままの糸。

いつも失敗するのが
ビーズボールを綴じるときに、
アクリル玉の穴を確認せずに編み綴じてしまうこと。

綴じてしまうと、あとから穴探すの大変なんだよ~~
と、いつもいつもわかってるはずなのに
いつもいつも、ビーズが綺麗に編み進んでるかが気になって綴じて、ほ♪
そして、穴~!また忘れた~~~!!

そうすると、上から針でつんつく、つんつくして地道に探すしかないのです。

全く、何回やっても同じ失敗を繰り返します。

脳内の海馬域がすぽーーんと抜けてしまっているのかな?
はい、単に注意力が足りないのです(T▽T)

みなさん、ビーズボール綴じるときには、中に入れる玉の穴の方向を確認いたしましょう(実感)



昨日のテレビで『断捨離』をやっていました。

そういうタイトルの本が出てるのは知っていたので、
内容が気になってみてみたの。
ま、平たく言えば『お片づけ』です。

お片づけって、、、、、、、、永遠の命題です。
あれやこれや出版される本を買っては、その気になるけどすぐまたぐちゃぐちゃ。
はい、私、基本的に片付け苦手です。

お片づけも流行があって、一時期は
「いかに収納するか」で、
100円ショップグッズをつかってのアイデア収納がはやっていた。

そのあと、辰巳渚さんの『捨てる技術』がでて、
「いかに捨てるか」が問題の中心になっていった。
家の中に、不要なものを入れないというのが、趣旨だったと思うの。

で、今回の『断捨離』。
本は読んでないけど、テレビを見る限り
「いかに手放したものから心を開放するか」に
発展しているような気がする。

きれいに収納する→いらないものは捨てる→捨てたものに執着しない

片付けも、進化してきましたね~

先に使うかもしれないものは、今回の断捨離では、手放す対象。
そういう目で見ると、今いらないものってたくさんある。
ざくざく手放せそう。

でも、手放した途端惜しくなるのは、人間の弱さ。
断捨離ラー(ダンシャラー)という言葉が、でてきたように
少し精神修養の要素が入ってきます。

とにかくね、床に転がるビーズボールの材料をなんとかせねばならんのだよ。
本当に、、、本当に、、、、
断捨離して、場所、、、あけちゃおうかな、、、




ほ~ら、キットつくろうとすると、片付け行動に逃避してるでしょ。
なんて、顕著でわかりやすいんでしょ。

昨日は、レシピをうりうり書いて、ちょっと光が見えてきました。
なんとか今日も取り組みますので
応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ
    <br class=
[PR]

by Fokame | 2010-03-24 07:20 | ビーズ | Comments(2)

Commented at 2010-03-24 07:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Fokame at 2010-03-24 09:13
鍵コメさま、おはようございます。
桜の季節ですものね~うきうきしちゃいます。

ざっくりいうと、桜の香りは「バラ+ミモザ」でできてました。
ついでに、沈丁花は「すずらん+レモン」だそうで。

香るビーズボールって、、、うっとりだぁ(‘▽‘)*
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< アニメ銀魂終了゜。(p>...   春眠暁を覚えず >>