こぎんの向き間違えてました!

懸賞 2015年 11月 05日 懸賞

水曜日は、こぎんのお教室。
ようやくひねり出した宿題のポーチを持って行ってみていただきました。

やっぱ、間違って作ってました!
どこが間違えかというと、、、もどこ=模様を縦に使っていることです。
枠線の部分の針運びを、縦にしたのですが、これはダメだそうです。
針は必ず右から左へ運針。縦線部分を、竹の節にしたらよかったとか。

デザインとか思って、気楽に刺していたのだけど、
縦に使うのは本来のこぎんとは外れるそう。
私は、伝統のこぎんを習いたいので、理由とともに間違えを指摘していただいてよかった^^
b0146998_1726765.jpg

違うと言う時、先生はとてもやさしく諭してくださいます。
「違ってます」とか「間違ってます」とかは絶対言いません。
どのようにおっしゃるかというと
「このような模様はないのよ^^」=縦に使う模様は存在しません

とても優しい声と語尾で言って下さるので
聴いていてとても気持ちがいい。
先生に諭されたくて、今回半分わざと間違えていったとこもあります(>▽<)

こんなに、やさしく気持ちよく指摘できるって
凄い方だな~~と思います。
体験に伺った時に、同じようなことがありました。
始めに、こぎんのルールを教えてくださるのだけど
いっぺんにすべてを覚えられないので、刺し方、ルールなどひとつひとつ教わるようなお教室。

他の生徒さんが、本来無い模様の配置をしていて
やはり「このような模様は無いのよ」と。

穏やかに事実をお話しなさっていて、そうなのかーと思ったのだけど
指摘された方は、だいぶしつこく抵抗していて、食い下がっていたのだけども
先生は、伝統の意味を話して毅然となさっていた。カッコいいと思いました。
(それを「悪い」とは一言もおっしゃらない。「一生懸命刺してくださったのね」という言葉もはさんで)
その後のフォローもきちんとなさっていてとてもお見事だと思いました。

優しいけれど毅然となさっているところが素敵。
ってことで、ここの生徒になっています~~
鎌田久子先生です。

先生の、こぎんに対する姿勢とか
人とお話しするときの態度、声の感じとか
優しい雰囲気とか、、、、
とっても好きです^^

ってことで、今回も宿題どっちゃり。
1か月の間に終わると思うけど、他の事もしたいとなると
さぼってはいられません~~♪



秋のがま口講習会はコチラ⇒  ☆☆☆
ビーズクロッシェの新しい可能性を楽しみましょう!



本日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]

by Fokame | 2015-11-05 09:23 | 刺し子とこぎん | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 朝からバスで小旅行   やっぱりミシンは難しい >>