皮むきみかん試作して気が付いたこと

懸賞 2016年 09月 29日 懸賞

b0146998_23082000.jpg
皮むきみかんを試作していました。
ちょっと大きめにして細工をしやすくして、、、
『皮』の部分にだいぶてこずったので本日は別の方法を試しましたが、ボツ。
やっぱ最初に思いついたやり方が一番でした。
が、そのやり方ってのが、、、、、コチラ

丁度去年の今頃取り組んでいた『リバースクロッシェ』を使うのです。
ぐるぐる編みでなく、長方形に編んだ時でも片側だけに
ビシッとビーズを並べられる方法。
これで編むとみかんの皮もきれいです。

が、問題がひとつ。
レシピに起こしにくい。
昨年、リバースクロッシェの講習会を何回か行ったところ
生徒さんごとに反応が違い過ぎてびっくりしたのです。
それまでの編み物の知識があるとかえって混乱したり
かんたんなことを、難しく考えすぎたりで人によって理解がバラバラすぎるので
キット化を見送ってきた技法なのです。
慣れれば簡単だし、応用効いて楽しいのだけど、、、

そのリバースクロッシェ必須なので、さて困った。
むいたおミカンのキット化にはもう少し時間が必要なようです。
面白いからなんとか、皆様にお届けできるようにしたいのですが
もうちょっと待っててくださいね~~~



秋のビーズアートショーのおミカンはまだむいてないおミカンです~~♪




本日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

by Fokame | 2016-09-29 23:20 | ビーズ | Comments(2)

Commented at 2016-10-01 15:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Fokame at 2016-10-02 13:40
鍵コメ様、こんにちは。
いつも熱い想いをありがとうございます!!
ご希望の中の二つは、Beads Artを読んでいると編めるようになるかと思います。次とその次かな~??
どうぞお楽しみに\(^o^)/
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 丸大ビーズもキロで買う!   ビーズ6.5kg到着~! >>