疲れたなーという時、私がやること

懸賞 2016年 11月 17日 懸賞

春のビーズアートショーのあと、すぐに秋のビーズアートショーが決まったので
ここ半年は、ずーーーっとその準備に追われていた気がします。
もちろん、日常生活はこなせていたので大した仕事量ではないのですが
精神的に余裕がなく、いつもいつも秋のイベントどうしようってことばかり考えておりました。

ようやく秋のビーズアートショーが終わり
春の展示会までは、スケジュールが読めているので
ちょっとだけ余裕も出てきました^^
春にまた全開で皆様にお会いできるようちょっとづつ準備しておきますね。

まだまだ今は養生中。
基本的には、机に向かって一人でこつこつと作業するタイプの私。
日中は外に出ず、インコとおしゃべりしながら
作品を作る日々をこよなく愛している私なので
展示会などたくさんの人がいる空間は本当に非日常。

人と接するときに出る自分のエネルギーや、他の人から頂くエネルギーは
日常にはない質量なので「鳴門のうず潮で揉まれっぱなし」だったような気がします。
(「洗濯機で回されてる」とお読み替えください^^)
大きな幸せでぐるんぐるんと回されて、
またきっと良いものを作るためのエネルギーを貯めることができたのでしょうが
自分からあふれてアップアップしてしまいそうでした。

そんな後、土曜日に家に帰ってきてまずやったこと(ご飯とお風呂の後)
まず、針をもったんですねーーー
布団に行くより、針を持ちたかったのです。
身体も心もくたくたに疲れてしまった時、私がやりたいこと。
それはブラックワークなのです。
b0146998_14395962.jpg
白い布に、黒い糸でひたすら縫い取りをしていく刺繍の一種です。
表と裏が同じように見えるのを目指しています。
刺し順を間違えないように、ひと目ひと目集中するので
他の事は気にならなくなります。
目の前の白い布と黒い糸。脳裏には裏面をおもいうかべながら刺すのが
なにより精神集中できて楽しいです。
くたくたの身体で針をもって、もう眠くて前が見えなくなるまで刺しました。

たくさのことで自分が「わーー」となった時
黒い糸1本で模様を紡いでいく
ブラックワークが、今一番心が落ちつくことです。

ブラックワークはやっている人も少ないし、
まだ同志も少ないのですが
一度やれば好きになる人多いと思います。
こんなおもろいこと、私一人で刺しているのもったいないと思うのですよね。
難しいのはとっかかりの所だけ。
そこさえわかれば、パズルを解くように模様を理解することができるのもやりがいのある分野です♪

今のところ、模様の読み解きと刺し順の練習ばかりなのですが
自分なりの基準ができてきたら
また初心者用キットなど作れればよいなと思います^^
ビーズをこつこつ拾うのが好きな人はきっと好きになりますよ♪



Beads Art19 は現在販売中。20号の原稿の構想中です!
秋のビーズアートショー 無事おわりました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。



本日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆






[PR]

by Fokame | 2016-11-17 14:57 | ブラックワーク | Comments(2)

Commented at 2016-11-17 22:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Fokame at 2016-11-18 13:25
鍵コメ様。こんにちは^^
裏と表の問題は、色々な議論があるようです。
私は入り口が『裏と表が同じ!』というところに
興味を持ったのでこだわりますが
「そんなの淑女の下着をのぞくようなもの」と書いている人もいます。
裏表問題でもひと記事書けますね^^
一緒に語り合いたいです♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< ブラックワークと私のビーズ   講習会で皮むきミカンにチャレンジ! >>