「ほっ」と。キャンペーン

ブラックワークと私のビーズ

懸賞 2016年 11月 18日 懸賞

昨日はブラックワークのこと書きました。
いきなりの方は「ブラックワーク?何それ??」と思うでしょう。
私もまだまだ勉強中なものでえらそうなことは言えませんが、、、

*ブラックワークとは、
  区限刺繍の一分野に分類される。クロスステッチやこぎん刺しもこの分野。
  あくまで刺繍という業界に置いての分類。
*もともとはスペイン発祥。
  のち王族の婚姻により英国に広がり花開く。資料は英国のものが多いです。
*黒糸1本で刺していく
*裏と表と同じように刺せる(裏まで美しい!!!)

、、、とこれくらいの認識です。

b0146998_12560701.jpg

勉強を始めたばかりの頃刺したもの。上が表。下は裏。
時々失敗しているのはご愛嬌。昨年末ぐらいのブログにいろんな顛末が書いてあります^^
b0146998_12565523.jpg
以来独学でひたすら一人で刺し続けています。
これを刺した時によくわからなかったものも、
このあといくつも刺すうちに「そういうことか、、」と納得できてきたりもしてます。
勉強といってもひたすら洋書とネットの独学なので
まだまだ分からないこともたくさん。
刺繍の素養がないので、たぶん刺繍の常識もぬけてるところもあるかも。

だけど、ブラックワーク好きなのです^^

区限刺繍って、一目一目決まった区画のなかに刺していく刺繍。
この「区限」という縛りが、私の『ビーズ』と同じなのです。
私のビーズはデリカビーズなど
同じ大きさのものをひたすら組み上げていく作品が多いです。
もっと他の形や様々な大きさのビーズを一つの作品の中に
組み込めばもっと表現が広がるのでしょうか
今はとにかく「同じ大きさのビーズを使ってどこまで表現できるか」に挑戦中。
子供の頃やったブロック遊びの延長のようなものです。

私にとって、ビーズもブラックワークも
『小さなひと目を組み立てる』というところで同じです。

いずれはブラックワークの考え方を、
ビーズのデザインの中にとり込んでいけたらいいなと思っています。
いつも色々なことに挑戦しつつ、
いつの間にかそれら全部が自分の糧となってきました。
そうやってどこまでも無限に自分の世界を広げながら
常に新鮮な発想を持ち続けていきたいです♪
b0146998_13090016.jpg




Beads Art19 は現在販売中。20号の原稿の構想中♪
秋のビーズアートショー 無事おわりました。来年の春のビーズアートショーでお会いしましょう♪



本日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆






[PR]

by Fokame | 2016-11-18 13:13 | ブラックワーク | Comments(6)

Commented at 2016-11-18 15:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-19 00:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-19 14:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-11-21 17:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Fokame at 2016-11-22 19:44
鍵コメ2016-11-19 00:16 さま、こんにちは^^
以前購入した図案です。単調なのを何度も刺すのでとても勉強になりました。この方の作品はどれも可愛いのですが今はサイトを閉じているので残念です。
Commented by Fokame at 2016-11-22 19:46
鍵コメ2016-11-21 17:40様 こんにちは。
いちごのつぼみを作っていらっしゃるのですね。
Tピンを入れるタイミングですが『デザイン』です。
金色のビーズがねじれているのを生かしたかったので
座金を使わず、中に隠しました。
楽しんでくださいね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 刺し子の花ふきん   疲れたなーという時、私がやること >>