2017年 04月 09日 ( 1 )

懸賞 懸賞

ビーズクロッシェで使っている糸

懸賞 2017年 04月 09日 懸賞

せっかくきれいに咲いた桜も雨では少しさみしいですね。
皆さまは十分にお花を楽しみましたか^^

ビーズクロッシェで編むビーズボールを作って久しいのですが、、、
私が「ビーズボールを作っていこう!!」って思えた大きな要因に
素敵な糸との出会いがありました。

試作品として作っていたころは、色々な糸を試して「うーん」となっていたのです。
それなりに編める糸はあったのですが、なんだかぽわぽわと細い毛がでたり、
ひっかかりがあったりでいまいちテンションが上がらず足踏みしていました。
手芸店をまわったり、ネットでたくさんの糸をとりよせては試していた中に
トルコのオヤ糸がありました。

日本で販売は無く、遥かトルコから送って下さるとのこと。
半信半疑でとりよせたのですが、まずその色の美しさに圧倒されました!
b0146998_18025128.jpg
つやつやと輝く綺麗な発色の糸、そして編んでみるとビーズがぴったりとはまり
オヤ糸との出会いにより
「ビーズボールはオヤ糸で作っていこう!!」と決めたのでした(*^_^*)
トルコから糸を送って下さったのは、日本人の女性。
応対もとても親切で、オヤ糸はもとよりトルコの国が好きになるきっかけでした。

私のブログを読んでくださったり、Bead Artをご覧になってオヤ糸を始めて知る方も多いと思います。
今は『オヤ』という手芸も日本にひろまってきて、以前よりもオヤ糸が手に入りやすくなってはいます。

私が初めて取り寄せて、以来ずっと使っているのが
ALTIN BASAK (アルトゥン バシャック)のオヤ糸です。
今ではこのお店も扱うオヤ糸の種類も増えてきましたが、ついついこのメーカーが好きで使い続けています。
Leylak などもとっても好きですよ♪

良く使うのは、白系です。
ビーズに糸の色が影響するので、色選びは楽しく慎重にします。
ピンクっぽいボールを編むなら、ピンクの色。
青っぽいボールなら青の糸を使うと、発色がさらに美しくなるので
それを狙ってあえて色糸を使うことも多いです。
でも、やっぱり一般的に使いやすいのは白系ですね。
同じ白でも、真っ白よりも少しだけクリームだったりベージュだったりする方が
個人的には編みやすいです。材質がポリエステルなので、真っ白だと光りすぎたりもします。

ネットだと色ってわかりにくい、、、と思いますよね。
トルコのオヤ糸屋さんは、トルコ在住ですが展示販売のため来日中です。
大阪~東京での展示販売ありますので、足を運べる方はぜひ実物をご自分の目で確認してくださいね。
つやつやのオヤ糸以外にも、オヤの手芸をたくさん扱っていますので
手芸好きならうっとりと過ごせること間違いなしです(*^_^*)
詳しいことはトルコのオヤ糸屋さんのHPで(クリックすると跳びます)

今回のBead Art 21号でも、この糸で編むビーズボールをご紹介しています♪
b0146998_14574312.jpg




今日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

by Fokame | 2017-04-09 18:35 | ビーズ | Comments(0)