新作準備

懸賞 2017年 03月 24日 懸賞

桜の開花宣言も聞かれるこの頃。
もう春なのですね~~~

春と言えば、春のビーズアートショー横浜です。
寒い間は、こぎんだ~~ブラックワークだ~~てまりだ~~と
充電に勤しんでましたが、いつまでも充電しっぱなしというのはもったいない。
展示会にむけて放電準備です!!!

今年の春は、オフルームの立体作品を中心にしようと決めていました。
花てまりとか、こんぺいとうとか。
ビーズさわるの久しぶり、、、と思いながら手慣らしに作りはじめました。
冬の間、ビーズにとんとご無沙汰だったので、いざ作ろうとすると
「どうやるんだっけ??」
ほとんど、初心者の気持ちで立体作品作ってみると、、、
「む、難しい、、、!!??」
三角モチーフの組み合わせですが、ジョイントにいくつか種類がありまして
久しぶりに作るとその部分、混乱するのですね。
球体を作るには、その三角が20枚。こんぺいとうにいたっては、60枚。
「なんだって、こんなに難しいことやるかな」という心境を味わってしまいました。
発信側でなく、作り手側の気持ちがわかってしまいました。

では、やさしいのにしようかな、、、と思って作りためた作品ひっぱりだしてくると
b0146998_18115956.jpg
やっぱ、可愛い(手前味噌)
難易度3~5ぐらいのものって、、、可愛いのです^^;;
初心者でも作れる難易度1のものも出さなくては、、、とも思うのですが
「やっぱりこの模様を出すには、このテクが欲しい」とか言うとついついフクザツなことを。
この中からさて、どれをキットに選ぼうかなという作業をしております。

可愛いの、面白いのを出したい。
三角モチーフを作れる人を前提。
基本のジョイントができる人前提。
このあたり方々には、私のキットは、その先のテクで作っているので
と~~~っても楽しめますよ\(^o^)/

以前の私ならこれでつっぱしるのですが
久々のビーズに困難を感じたこの頃。
「もうすこし、、、技術的に簡単で且つ可愛いのも出したいな」って思い直してます。
この挑戦ににどれくらい時間が割けるかな。
さてさて、あとは時間との競争になりますね。
早々に作品選定をして材料発注して、、、
なんて考えてると、また新作のヒントが出てきてしまったり。

はああああああああ
色々と悩ましい春の始まりです♪




さて、先日のてまりの「簡単な10分割」
お教室で先生方にちょっとお話してみました。
そーーしたらーーー
すでに個々の先生方実践してらっしゃいました。
私ぐらいのが考え付くのは、すでに先人の方々が実行してらっしゃるのでした(^◇^)
個々の先生方のノウハウも入っちゃうので、webでの公開はひかえますね。
知りたいわ~~と思う方、実際にお会いした時にそっと聞いてくださいね♪




今日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

# by Fokame | 2017-03-24 18:30 | ビーズ | Comments(0)

コンパクト針箱

懸賞 2017年 03月 21日 懸賞

皆様の針箱ってどんなのですか?
私は普段家で使用する針箱は『机の引き出し』です。
引き出し開けたら、必要なものがすべて入っています。
片付けるときは引き出しにパパッと放り込んで閉めるだけ。
とっても便利です。

でも外出先まで、机の引き出しを持っていくわけにいきませぬ。
そんな訳でお針箱を持つわけですが、、、、
シンプルだのミニマリストだのという言葉が好きになっている最近。
(部屋やお道具はわさわさしてるくせに、、、^^;;)
ものすごくコンパクトで使いやすい針箱って何だろうと思ったわけです。

手芸のジャンルによって使う道具は決まってきますが
とりあえずてまりのお道具に特化した針箱が欲しくなりました。
例によってたくさん考えたあげく採用したのがこちら。
厚さ17mm薄い缶の箱(〇撃の巨人w)
b0146998_23341544.jpg
開けたらこんな感じ
b0146998_23343234.jpg
針山は自作です。
無地でもいいのですが、せっかくなのでこぎんで『猫の目』を縫い取りしました。
底の部分に厚紙とネオジウム磁石を仕込んでます。

なんでそんな仕様にしたかというと、、、、
こんな風に立てて使うためです。
b0146998_23345022.jpg
てまりは、たくさんの待ち針を使ったり、針が長かったりするので
寝かせたままの状態の薄い針山では使いにくく、立てた時のこの深さが必要です。
抜いたり刺したりの作業中に針山が動くと危ないの、でネオジウム磁石の強い力で固定します。
缶箱だから可能な技ですね。

使わない時は寝かせて収納すれはすっきり。
ハサミと針と待ち針という危険なものは
すべてこの薄い缶の箱に入っているので安全にコンパクトに持ち運びできます。
ハンドバックの中にだって入ってしまうお手軽さです。

作業中はこんな感じ
使い終わった時に、缶の中に針とハサミをぱちんとしまうのは快感です(#^.^#)
b0146998_23350318.jpg
持ち物をコンパクトにして運ぶの楽しいわ~~思っていても
肝心のてまりが大きくてかさばるので、お荷物としては、がさがさ持ち運ぶことになります^^
物事をシンプルにするのが好きな私がたどりついた針箱のご紹介でした~~~


さてさて、てまりの10分割。
ひらめいた気がします。
ものすごく簡単に分割できる方法。

てまりの大きさが変わってもすぐ対応できて、計算がいらない。
10以外でも4、5、6、8分割なども自在です。
9とか7分割も同様(使い道がない数字ですが)
計算とかメジャーで計るとかいう作業が一切いらないので
とっても楽ちんで、分割が面倒でてまりが嫌いにならない方法。
実際に自分で試してみて、その簡単さにびっくりです。

とりあえず今度のお教室の時に先生方にお見せしようかなと思ってます。
本当に有効な方法なのかどうか。
すでに他の人が考えていることかもしれません。
「横着しないでちゃんと計るのよ」と一蹴されちゃうかも??
ちょっとドキドキです^^






今日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

# by Fokame | 2017-03-21 00:13 | 刺し子とこぎん | Comments(0)

てまりの分割に悩む、、、

懸賞 2017年 03月 18日 懸賞

ブラックワークの図案に没頭していたのですが
自分的に「ここは大変だな~~どうやって刺すんだろう??」という
チャレンジし甲斐のあるところは無事乗り越えたので
あとは作業ゲー♪
ひたすらひたすら手を動かしたいときに刺すことにします(*^_^*)

ってことで、てまり。
基本的なとこ過ぎて、ちょっと難問にあたっていたのです。
だからてまりが止まっていた、、、、、^^;;
難問と言っても、まだまだ基本。
でもここを越えないと次に行けない。
越えればものすごく楽しい所に行ける、、、という峠でした。
峠の名前は、、、『10分割』

本で見て「教室で直接習おう」と待っていました。
先日、直接習ってちょっと混乱を感じたところで
ようやく本をじっくり見る。
テキストになっている本を見て余計混乱したので他の本にもあたります。

分割は基本中の基本なのでどの本にも載っております。
だからこそいろんなアプローチで書いてあって
1冊だけ見るよりたくさんの文章を見た方がいいのね♪
b0146998_23425631.jpg
分割の公式を考案した先生の本も無事入手できたので
ご本人ならどのように表現しているかしらとか、、、、、、
たーーくさん読んだ挙句、公式の元を知りたくなってあれこれあれこれ。
家族も巻き込んで「この数式はどこから出てきたか??」とかやってました。
「平面の三角が、、、」「球体の三角」「この角度が」「√が、、、」
理系の人の会話はさっぱり???です^^;;

でも10分割が正20面体であることに気付けたし
それなら何とかなると思うし、、、、
午前いっぱい公式の解明に努めたのですが
数字をいじっているより、実際に手を動かしてみようと思った午後。
色んな本を総合して、分割に対する基本的な考えもわかったし。
(土台を安定させるか、しっかり計るか。とりあえず後者派で♪)

てまりの10分割が正20面体ってのは大きな発見。
もっと細かく分割を追究していくのも楽しいし
このままオフルームで作る球体に落とし込むのも面白い。
分割に満足が行ったら、ビーズに模様を移すのもどんどんやってみたいな\(^o^)/



今日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

# by Fokame | 2017-03-18 23:58 | 刺し子とこぎん | Comments(2)

ブラックワークで使っているもの

懸賞 2017年 03月 17日 懸賞

3月に入って家族の動きもあわただしくなっています。
出たり入ったり「今日の夕食は何人?」みたいな感じで
ああ、春休みなんだな~~を実感してます。

家の中に変化が多いので、手仕事の世界では粛々と。
変化のない単調な作業が大好きなんですよね~~~
カウントステッチの1目1目埋めていく作業って心の底から落ち着きます。
b0146998_21211140.jpg
裏と表が同じ針目を目指しています。
ブラックワークの醍醐味だなって思いますが
針目を考えながら進むので時間かかります。
うっかり考え事などしていると、必ず間違えて解きなおすのも面白い。
針先と進む方向、裏に渡っている糸の事を常に頭に入れながら
ひと針ひと針さしていきます(*^_^*)

布は『 DMCのアイーダ16ct』
固い布なので張りがあって刺しやすいです。
糸は本当ならDMC25番の1本どりで刺したいのですが
布に負けてしまうような気がしたので
あえて『#20のミシン糸』使いました。撚りが反対で油断するとすぐ絡みますが
アイーダのごつさにはこれくらいの糸の方がいいなと思ってます。
ホントの本場では麻布に絹糸なのだろうな~~~^^
『針は#26』

布と黒糸と針だけ。
裏と表が同じになるようにひたすら神経を集中する。
シンプルだけど奥が深いブラックワークです(*^_^*)



今日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

# by Fokame | 2017-03-17 21:30 | ブラックワーク | Comments(0)

立体収納

懸賞 2017年 03月 14日 懸賞

「そこに白い紙があるから」
なーんて言いながら、一心にペンを動かしていたのはずいぶん前。
今は
「そこに白い布があるから」
そう言いながら、一心に針を運んでいる今。

ビーズ、こぎん、てまりと手仕事を抱えつつ
やっぱりブラックワークも捨てられません。
刺したかった図案が買えるようになっていたのですね♪
ずいぶん待っていたので、ついポチ。
小さい図案なのかなと思って実際にダウンロードしたら
思ったより大きい図案なのでびっくり。
これは、、、、時間がかかるヤツだ。
しかし、、、

布を準備して、針と黒い糸があればすぐに刺し始められるのがブラックワーク。
準備がとっても簡単。ついつい準備してしまって
ついつい刺し始めてしまった。
始めるのは簡単だけど、ここからが長い。
いつまでもいつまでも刺せる(刺し終わらない)のがブラックワークですね~~

もしも、どこかに島流しにされて何か一種類だけもっていっていいなら
布一反と針と黒い糸にするかも。
一番準備が少なくて、一反あれば一生刺せる量。
島流しにされても一生飽きないだろうなと。一反の布だけかかえて流してね。
(ビーズ:重い、かさばる。 てまり:準備するものが多いなどなど)

さて、一日は24時間。限られている。
分かってはいても、、、
刺しても刺しても終わらない~~♪
心の中で色んな時間配分をしつつ
ほぼ中毒のように針を運び続けてしまってます。
やめられないのよ、楽しくて。
画像は今の机の上。
あんまり優雅な感じはしませんね。
バーベルが布を抑えるのに丁度いいから^^;;
b0146998_23051596.jpg
ほぼ、1m四方の布を相手に刺していると、机の上がいっぱいになってしまいます。
あれこれの道具がどうしても布の下で迷子になってしまう。
危ないし、不便。

ってことで考えたのが『立体収納』です。
b0146998_23053209.jpg
ハサミと針を縦に収納中です。
もちろん作業終わったら引き出しの中にしまいますが、作業中出しっぱなしにしたいものを
こんな風に縦にしておくと、布の下で迷子にならなくて便利なの。
スタンドの柄のところに、マグネットをはりつけてそこにぺったりとつけています。
ネオジウム磁石なので、しっかりホールドできて便利。
針とかハサミとか迷子になったら絶対危ないもの、
そんなお道具は眼に入るところに管理したいものですね。

こんな風に一心に刺していても、まあ順当に言って1.5か月はかかる。他の事をしながらだと3か月から半年ぐらいはみたいところ。
きちんと時間管理しながら
ぼちぼち楽しんでいこうと思います~~♪


今日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

# by Fokame | 2017-03-14 23:15 | ブラックワーク | Comments(0)

てまりとビーズ

懸賞 2017年 03月 10日 懸賞

今度のビーズアートの記事はこんなかんじ。
ビーズ愛とてまり愛に満ちております(*^_^*)
b0146998_20245265.jpg

[PR]

# by Fokame | 2017-03-10 15:46 | ビーズ | Comments(0)

てまりの土台の作り方

懸賞 2017年 03月 09日 懸賞

てまりの土台は色々なものが入りますね。
昔からあるものなので、それはそれはいろんなものが芯になってきたと思います。
紙だったり、もみ殻だったり、、、

今年の1月から手毬を習い始めた私。
教材として、スチロールの芯を渡されました。
そこに毛糸を巻いてふわふわにして、ミシン糸を巻いて仕上げていく。
スチロール芯には、様々な大きさがあるので、手軽に始めるには最適だなと思います^^
キットとして市販されているものも中身はスチロールの芯です。
b0146998_20194887.jpg
b0146998_20200482.jpg
ミシン糸をみっしり巻いた後は、金の糸で地割をして、、、とてまり作りが進みます。

始めに渡されたものがスチロールだったので、そうやって作るものだと思っていたのですが
本を読んでみると、、、、
色んなものが入っているのですね。
もみがらをビニールで包んでいる人、新聞を丸めている人、鈴やハーブを詰めた人もいます。
びっくりでした~~~~
結構何でもありなのかも、、、と思ってみたり^^

簡単で楽だし、スチロール芯でいいやと思っていたのですが
ちょいちょいディスられてるのね^^;;スチロール芯。
そんなに悪いか???と思いながらスチロール使っていたのだけど
ある日、スチロール以外の中身のてまりを持たせてもらってびっくりしました。
ものすごく手になじむ。重さだったり弾力だったり、、、、
スチロール芯で作ったものより、ものすごく表情があって
いっぺんで自作のてまり土台に心が傾いてしまいました。


では、ここで自作の土台の作り方いきます。
(あくまでも今の時点の自己流です)
土台をつくるためには、まず中身の芯。そのまわりを糸でぐるぐる巻いていくのね。
芯にはどんなものがあるのかな??
もみがらってはっきり書いてある本もあって、でもどこで買うの?衛生管理はどうするの???
ちょっと私にはハードルが高そう。
新聞紙を丸めるって書いてあるものもあるし。わざわざ新聞入れる意味も特にないのでは?
あれこれ考えて家に有るものを使うことにしました。

いらない布です。いくらでもある。嵩を出すためにタオルを切って使うことにしました。
なんとなくわたしのこだわりでアクリル玉を1ついれてみたり(笑
b0146998_20202627.jpg
まず、タオル地で芯を作って形を作ります。
ここでなるべく丸くなるようにしっかりと巻くといいみたい。
家に余っているレース糸使いました。
ここで固く巻きすぎると針が通らなくなるので形を付ける程度に。
b0146998_20204972.jpg
次に太目の毛糸で嵩を出していきます。大きくしたい時はここでたくさん巻くのかな。
b0146998_20241119.jpg
その次に細い毛糸で形をつくります。
丸くなるように丸くなるように、、、
b0146998_20210796.jpg
最後にミシン糸でまいて完成です。
手巻きのを丸く仕上げるの大変かな??と思っていたのですが
やってみると割と気にならない。
b0146998_20212268.jpg

時間がある時に、てまりの土台をたくさん巻いておきます。
これでいつでもてまりがたくさん作れますよ~~~\(^o^)/
習い始めて3か月の私の作業でございます。
これからもっともっと上手になると、土台の考え方も変わってくるのかもしれないです。
b0146998_20214012.jpg

b0146998_20243250.jpg
てまりの土台を作りながらいつも感じるのですが、、、
ものすごく贅沢だなって。
糸をたくさんたくさん使います。
本当にものすごくたくさん。

昔だときっととても贅沢品だったのだろうなと思います。
手芸オタの人って、いらない糸(もう使わない糸)ってたくさん持っていますよね。
そんなひとにこそ、てまりはおすすめ。
お家の在庫(罪庫)糸、一掃できるのうけあいですよ!
スチロール芯も結構高いし、
家に有るものでできる(手芸オタなら可能)のでてまりの中身は自作に限りますね。

ささ、ご一緒にぐるぐる、ぐるぐる、、、
自分の想いもこめながら一緒に糸巻しましょう♪




今日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

# by Fokame | 2017-03-09 20:50 | 刺し子とこぎん | Comments(0)

疲れた時はてまりの土台つくり

懸賞 2017年 03月 07日 懸賞

午前中は、原稿の最終チェック。言い回しとか書き落としがないか確認。
読み直すたびに「あ、ここが。。。」ってのがあるので確認作業には日を変えて何度もします。
今日も派手に書き直すところがあって、でもなんとか納得できるところまで行ったので
原稿を送信。はあ~~~これで作業終了です^^ ヨカッタヨカッタ♪

午後は、こぎんを刺したり、てまりを作ったり、、、、
録画しておいた『八甲田山』を見ながらものすごく集中できました。
b0146998_23114951.jpg
夜になっていいかげん疲れたので(ここで遊ぶと思うでしょ)
てまりの土台作りをしてました。

原稿 ⇒ものすごく集中するので疲れる(主に頭)
こぎん、てまり ⇒針先に神経集中するので疲れる(主に身体)
土台作り ⇒疲れない

疲れ方の度合いの順番はこんなところでしょうか。
いろんな手芸して「ああーー疲れた、もうだめーー」と思ったら
てまりの土台を巻き巻きするのです♪
結果、休むことなく手芸に邁進できます\(^o^)/
それもできなくなったら、いーかげん寝た方がいいのですね。

てまりの土台巻き巻きって何?って思いますよね。
私も実際に作ってみるまでなんのことがわからなかったのですが、、、

初心者向けには、発泡スチロールの玉に毛糸をまいて、そのうえに細い糸を巻いて土台にします。
巻いたとこの厚さはだいたい5mmぐらい。
ここに針を通して模様を作っていくのね。
本には普通に乗っているし、流通してるキットもスチロールボールが主体なので
特に疑問を感じなかったのですが、、、

ネットを見てたり、クラスの先輩方の言動を見ていると
スチロールボールを軽視する傾向がありました。
「なんで?? スチロールボール良いじゃん、充分じゃん」と思っていたのですが
教室で先輩のまりをみせていただくと「あ、いい♪」

適度な重みと弾力。
振り返って自分のスチロールボールを芯にしたまりは軽い。
手にした時に、ちょっとだけ重みがあった方が気持ちいいのだなと言うことに気が付きました。
(だから経験のある人ほどスチロールボール使わなくなるのかな、、、??)
実際にいろいろな毬を手にすることができるので、実際にお教室に通うのは価値があるな~~と思います。

てまりの土台つくりについては色んなサイトがあるので探していただければいいかなとも思いますが
せっかくなら画像つきで今度アップしてみますね。
スチロールボールでないてまりの土台に何を使っているのか。
正直何でもいいと思うのですが、だから自由で楽しいです^^









今日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

# by Fokame | 2017-03-07 23:26 | 刺し子とこぎん | Comments(2)

2月は短かった

懸賞 2017年 03月 06日 懸賞

今更なんですがね、2月って短かったのね。
Bead Artの原稿の締め切りが3月の月初にあったのです。
ようやく目途がついたので、こうやって書けてますが、、、、
結構ハラハラどきどきな日々でございました。

連載のおおまかな流れはつけて書いているのですが
やっぱり「こっちを書いた方がいいかな」とかその時の流れで内容を変えたりもします。
原稿書きためておけば、、とも思うのですが
その時のフレッシュな記事の方がいいので、ついついぎりぎりまで持ってしまいます。

ふだんなら、30日31日があるはずなのに、、、
28日の次いきなり翌月とかほんと(×0×)
土曜日のお昼過ぎにようやく第一便を送り
明日中には第二便を送ってミッション終了なはず。

次回のBead Art21号にもビーズ愛に溢れた原稿になっていますのでどうぞお楽しみに(#^.^#)

久しぶりに書き物から解放さて楽しくてわくわく。
アレもやろう、これもやろうと思いながら
気が付くとスマホゲームやってたりするので
時間の使い方をもっと上手にしよう、、と改めて心に誓う3月でした♪
b0146998_19511438.jpg
現在販売中のBead Art20号には、真っ赤なハートの作り方。
どうぞ楽しんでくださいね♡


今日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

# by Fokame | 2017-03-06 21:46 | ビーズ | Comments(0)

ビーズとこれからについて

懸賞 2017年 03月 03日 懸賞

なんかとんでもないタイトルになっていますが
いつものようにさらりと読める内容ですのでご安心ください。
b0146998_00384957.jpg
最近、てまりだのこぎんだのにハマっている姿ばかりお見せしております。
「ビーズやめちゃったの?」と聞かれることも有りますが
私の事を良く知ってくださってる方々は「いつもの寄り道ね♪」と分かってくださってるはず。
はい、楽しい楽しい寄り道です。
5月のビーズアートショーにはビーズキットをどーんと出しますので楽しみにしててください。

でも、ちょっと寄り道しすぎぢゃない?とも思われることもあるでしょう。
今回の寄り道には結構訳がありますの。
くどくどと書きますので面倒な人はすっとばしてね。
結論は『ビーズ楽しいよ~』です。



ビーズボールを中心に活動しているのですが
いつまでビーズをできるかな?と不安に思うことがあるのです。
ビーズもちろん大好きだし、これからもいつまでも続けていきたい!って思うのですが
なにぶんものすごく細かい作業。
集中力が必要だし、目もだんだん疲れてくる。
今はまだ体力もりもりだからいくらでもビーズに取り組めるけれど
あと10年、20年したらどうだろう??
年をとってもビーズを続けられるかしら、、、とふと思ったことがきっかけです。

体力や集中力がなくなってしまった時に
ビーズができない=なにもできることがないってのは困るなって思ったの。
それはあまりにもつまらない。
年をとってもできることってないかしら、、、って考えてた最近。

ビーズクロッシェにトルコのオヤ糸を使っているの縁で
トルコ手芸にも一時期ものすごくハマりました。
トルコに行って、現地の女性たちの手仕事を実際に見て
伝統の手仕事ってすごいなと感動していたのですが
ふと立ち止まってみると、日本にも伝統の手仕事がたくさんあるのです。
それが津軽こぎんだったり、てまりだったり。

改めてニッポン発見!!ってなノリでもないのですが
手がけている方はお年寄りが多くて
トルコでも感じた「今いる人が亡くなったら、もう聞くことができない」手仕事の数々。
日本でも同じ現状です。
素晴らしい先輩方がいる日本の手仕事。その方々がまだまだ現役の今。
聞いておきたい、見ておきたい。しっかり習っておきたい。
トルコも捨てがたいけど、まずは日本だと強く思ったのね。

そして、先輩方がお元気なのにも感動。
錚々たる面々の先輩方。70歳とか80歳とか。まだまだとてもお元気。
「あれ?伝統手芸ってもしかして歳をとってもできるのでは♪」と。
もちろん歳を取ってからはじめてもいいのだけど
思い立ったらすぐ行動のワタクシは歳を取るまで待てません^^
それでこぎんだのてまりだの
スケジュールぎゅうぎゅうにしてやっています。
私にとって歳をとった時の保険としてのこぎんやてまりのつもりでしたが、、、

ハナシはここで終わらないの。
保険だからのんびり楽しくやれればいいなと思っていたのですが
案の定ものすごくはまってしまった。
こぎんもてまりも「幾何学模様」ってところが
私のビーズとものすごく共通点があって、、、、
これをビーズに生かさないのはもったいない!!!って思ってしまっているのですよ。

こぎんの奇数模様もぞくぞくするほど素敵。
ビーズ織りにでも、ペヨーテにも応用できる。
てまりなんて、まるでビーズボールのデザイン。
ずっと独学でビーズボール作って来たけど
デザインの源泉として日本の伝統手芸はとても素敵。
色々な形を作れるビーズだけど、やっぱり私には球体のビーズボールが一番好き。
てまりをビーズに置き換えて『てまりビーズ』なんてどうだろうとか。

歳をとった時の保険のつもりの日本の伝統手芸が
今の私のビーズにこんなにインスピレーションをくれるなんて!!!!

ビーズをバリバリやりたい今
こぎんだのてまりなど言ってる場合じゃないでしょーー
なんて思っていたけど、こぎんやてまりのおかげで
まだまだデザインが泉のように湧いてくるのです。
何を見ても「ビーズに活かせる」って思っちゃうところが私らしい♪
今もこれからも、ものすごく忙しくなるけれど
やることなすこと全部身になるので
どれもこれも手を抜かずにやっていきたいと思ってます。

今も楽しく。
歳をとってからも楽しく。
そんな風に過ごしていきたいです(*^_^*)
b0146998_23295695.jpg






今日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

# by Fokame | 2017-03-03 01:09 | ビーズ | Comments(0)