カテゴリ:トルコ語( 3 )

懸賞 懸賞

ウワサの日暮里ザクロに行って来た

懸賞 2015年 12月 19日 懸賞

b0146998_22562339.jpg

トルコ語クラスの忘年会がありました。
4月から通い始めた大川先生のトルコ語クラス。
入門が終わって、今は初級を勉強中。
毎週、四ツ谷に通っていてよく続くなーと自分でも思いますが
この歳になってから、『教室でお勉強する』というシチュエーションを楽しんでおります。
クラスの仲間もとても楽しい方々で、クラス内結婚(2件)があったりで
なかなか素敵な学生気分を楽しんでおります^^

そんな仲間たちと本日は、忘年会。
どこしにしょうか、、、と探してくださって日暮里のザクロというお店に連れて行ってもらいました。

テレビに出るとか、知ってる人は知っている結構有名なお店。
どんどんお料理が出ててくるし、どれもおいしいし。
けども、有名な内容としては「日本一うざい店主」で売っています。
片言の日本語で(本当はうまいのに)どうしようもない冗談をとばしながら、店主働きます。
お客さんをいじりたおします。男性への暴言もなかなかです。
毒(制御された暴言)を吐きながらも、隅々の客に気を配り、場を引立ててお店の中を一体にしていきます。

たしかに絡み方はどぎついけれどギリギリの線は守っているのでうまいな~~
店主がしゃべりはじめると、店内はショーの現場になります^^(お話するどころではない)
2.5流の終わりのないショーを見ている感じ。

テーブルや椅子はなくて、絨毯の敷かれた床に地べたすわり。
テーブルの代わりに大きいタイルがあるだけなので、足を投げ出すわけにもいかず、、、足がしびれた^^;;
お店の中には、無駄にラクダがおいてあって
お客さんが駆り出されて乗らされるとか。
楽しもうと思って行くと本当に楽しいのだけど知らないで行くとドン引きするかも。

悪ふざけ、冗談きついように演出しているけれど、それも計算の内。
他の従業員がきちっとカバーしたり、ものすごくサービスが良かったりで
だからお客さんがこんなにいるんだなーと納得のザクロでした。
楽しかったーー美味しかったーーまた行きたいけど、行くメンバーは選ぶかも^^;;

ほんとうちわ同士の話はほとんどできないし、
どんびきしてたらきりがないし、、、^^
こんな感じでわさわさしたお店での忘年会だったけど
個人で行くのは大変、、と思ってたので一度は行けてよかった!

今のクラスは、来年の3月で終わってしまってその先、、
どうなるのかは分からない(クラスの人と離れるのさみしい)
トルコ語が上達したかといえば「毎週通ってるだけ」なので推して知るべし。
行かないよりは行ってた方が少しは頭に残るかもねの劣等生なのだけど
そんなのをひっくるめて、とっても楽しい仲間と楽しい場に参加できて嬉しかった!
歳の締めくくりとしてのトルコ語クラスの忘年会、最高でした\(^o^)/


本日も『ハート』をクリックして応援よろしくお願いいたします☆

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]

by Fokame | 2015-12-19 22:52 | トルコ語 | Comments(2)

『なんちゃってトルコ語教科書』というものがある

懸賞 2015年 04月 12日 懸賞

ビーズアートショー横浜(クリックするとHPに跳びます)
  2015年5月15日(金)-17日(日)横浜港大さん橋ホールにB-12で出展いたします。
*キットの通信販売は、現在行っておりません。会場でお待ちしてますね^^



4月から通い始めたトルコ語教室ですが、3月の末に見学をしていました。
入門、初級、中級って、、、何??
だったので、とりあえず入門と初級を見学。

ちらっと見るだけなのかな?と思っていたら
そこは大川先生、がっつり2コマ両方受講させていただけてしまいました。

が、私は、、、ABCから始めた方がいいよねという人。
ニューエクスプレストルコ語を1冊学ぶのが『入門』
その上が『初級』
その上が『中級』

4~9月、10~3月にそれぞれ開講しているので
ワタシが紛れ込んでしまった見学クラスは
『入門の最後の課』
『初級の最後の課』

み、みんな何言ってんの~~~????
というなか90分×2コマを見学受講してしまったわけです。
心の中で涙目、顔は日本人スマイルで乗り切ったのですが、、、、
わたしはABCからはじめるんだから!という強い意志の元
挫折絶望することはせず、
そうか、半年先にはあそこまで話せるようになるんだという希望にきりかえることにしました^^;;;;

そこにいた受講生の方々は、うっかり紛れ込んだ私にもやさしくて素敵な先輩方。
そのまま初級に移られたようなのですが
、、、素敵っていうより、濃かったよね、、、、??????
それぞれナニカに特化した感じのマニア臭というか、、
只者ではない人たちが、、たくさんいた、、、
面白い人っているんだな~
でも私は下のクラスだし、関係ないのかな~
などと思っていたのですが

昨日の授業で「面白いブログをみつけたよ」と大川先生がご紹介くださったのが
『なんちゃってトルコ語教科書』
その先輩メンバーのおひとりのブログでした。
ブログのタイトルではなく、ある日の記事のことでした。
面白いっつーか、すごいわ!

実際読んでいただいた方がいいのでぺたしておきます。
なんちゃってトルコ語教科書←クリックするととびます。

書いているのは、本職のイラストレーターの方のようで
先生の本を、パクッて遊んでいらっしゃる。
それを先生にお見せして(みつかって)、添削を受けていらっしゃる。
先生もマジで容赦なく添削をしてる、、、
みなさん本気でたのしんでいらっしゃる。
先生もすごい、、、メンバー様もすごい、、みんなすごい、、、!!!!

なに、この濃さ、、、

ワタシは1級下だけど、こんな面白い先輩がいるのは
かなーーり面白い。
全力投球なところがとっても良い!!
そしてトルコ語初心者の私には情報の宝箱~~♪
これからも、しずかにそっとじわじわと参考にさせていただき続けようと思いました^^


本日も『ビーズ』クリックして応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ
            <br class=
[PR]

by Fokame | 2015-04-12 17:39 | トルコ語 | Comments(0)

四ツ谷ひろばへ

懸賞 2015年 04月 11日 懸賞

ビーズアートショー横浜(クリックするとHPに跳びます)
  2015年5月15日(金)-17日(日)横浜港大さん橋ホールにB-12で出展いたします。
*キットの通信販売は、現在行っておりません。会場でお待ちしてますね^^




「もう、何やってんの」、、、、とは息子に言われてしまった言葉^^;;;;
「ビーズアートショーも近いんでしょ」はい、、、、ぐーの音も出ない母です。

たしかに、準備が間に合うかどうか??自分でもペースがまだ見えてない状態なのですが
(でも、たぶん大丈夫、、、、)
忙しくはしていますが、楽しいこと役に立つことを放棄してはおりません!!!

毎週土曜日、四ツ谷ひろばといところに通うことに致しました。
毎週ってとこに、初めは少しひっかかったのですが
通い始めると楽しいのです~~~~

何を始めたかっていうと『トルコ語学習』
もはや「また!!??」がついてしまう狼少年状態のトルコ語とワタシなのですが、、^^;;;
今回こそはきっと大丈夫と思いたい。

去年の夏、大丈夫だろうと思って
東京ジャーミィの1か月の短期集中講座に申し込んだものの
いきなりのレベルの高さに中途脱落。(ど-こが『はじめてトルコ語を学ぶ方向けだよ!!??』)
今回は「ABC」からはじめるつもりで真面目に取り組みます。

大川博先生の「ニューエクスプレストルコ語」
以前旅行に行く前に、1冊買ってCDで何とか頭に叩き込んで行ったのですが
文法となると「やっぱ眠くなっちゃうよね~」なので直接習いに行くことに。

著者に直接とはまた畏れ多いとか思いながら行ったのです。
そこが四ツ谷ひろば。
以前は小学校だったんだろうなという校舎全体を地域に開放してて
そこの2階の教室で毎週あります。
入門、初級、中級。
見学した結果、入門コースではじめています。
ここならきっとちゃんとやれる!!!

なんと90分1500円。入会金とか一切なくて出席した日だけ払うシステム。
ちゃんとした先生に、こんなお値段でいいのだろうかとおそるおそるだったのですが
お会いした先生は、本当に教えることが大好きなんだなと言う
まったく欲のない方でした。
授業は、生徒のレベルに合わせて毎回工夫をしてくださっていて
手作り感満載のレッスン。
なんと畏れ多くもったいない、、とありがたさをしみじみとかみしめて
授業をうけていくことにします。


今日はレッスン1。
これから毎週1課ずつ仕上げていって、9月までに1冊終わる予定。
まだまだ初めの頃なので「あ、興味あるかも」と思う方、どうぞ見学にいらしてください。
きっと、今度こそ、きちんと学びたいと思っております。
さて、どうなるか??

大川先生のブログはコチラ

初級のテキストは『ニューエクスプレストルコ語』使います。
著者割引で教室で買えるようです。(しまった~~~~)

時間は、、、、なんとかやりくりする!!!!
今日も身を削って、興味のあることに全力投球のFokameでした。
本日も『ビーズ』クリックして応援よろしくお願いします☆
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ビーズ
            <br class=
[PR]

by Fokame | 2015-04-11 20:09 | トルコ語 | Comments(0)