カテゴリ:刺し子とこぎん( 45 )

懸賞 懸賞

びんてまり試作1号完成

懸賞 2017年 12月 11日 懸賞

土曜日にびんてまり大冒険をしたあと、日曜日は死んだように眠ってしまいました。
前日は嬉しくてあまり寝られなかったし、電車移動の際も寝過ごすのが怖くてずっと起きてたし、、、
その分、日曜日ほとんど寝てすごし、むっくり起き上がった夕方
目に焼き付けてきたびんてまりを自分の手で作るべくミッション開始です!!!
b0146998_22420212.jpg
材料は、愛知川で全部揃えてきたのでとりかかれば早いです。
セットで売っていただいて本当によかった♡
既に持っているものもあったのですが、
大きさとか量の資料としてセット買いすることをお勧めします。

先生はこうやってたなーなんて思い出しながらくるくる、くるくる。
びんてまりは、まりを作る時に「なるほど」っていう工夫があるのね。
とりあえず、仕掛のついた玉を作って、糸を巻けばあとは普通のてまりと一緒。
どんな模様にしようかと思ったけれど、
ちょうど作ってみたかった模様があったのでそれを試すことに。

びんてまりに向く模様と、そうでないのがあるみたい。
上手になればあまり関係ないのだろうけど、最初だから慎重に、、、
10の組み合わせで作る『白梅』に挑戦です♪

糸もちょっと考えた。
びんてまりの糸は、リリアン糸を使うのです。
私が普段使っているのは、刺繍糸5番。
リリアン糸を使う理由も聞いていて「だからびんてまりにはリリアン糸」ってわかっていても
使ったことのない糸をいきなり使うのはためらわれ、、、
とりあえず、いつもの練習用の5番糸を使うことにしました。
本当に使えないのかどうかの検証もかねて。

夕方から取り組んだのでどんどん夜もふけていきます。
テレビが次々と放送終了しちゃって見るものがなくなった頃ようやく就寝。
明けた本日も朝からずーーーっとまり作り。
やっぱかがるのに一番時間かかります。

夕方になってまりが完成。さてここからが本番。
果たして瓶の中に本当に入るのか???
b0146998_22425529.jpg
土台のまりを作った時の仕掛けを抜いて、ビンに入れたのち整形。

書いてしまえばこれだけなんですが、いかに上手に入れるかっていうのを
現地でしっかり見てきたわけです。
先生が実演してくれたところはよく見てきたのですが
最後の最後までは時間切れだったので、よくわからない。
きっとこうだろうと自力でやってみました。
b0146998_22431744.jpg
とりあえず、入ることは入ったけれど、、、
自分でやってみて、改めて課題が見えてきました。
あの時先生の言ってたことは、こういうことだったのかとか
次やる時はこうやってみようとか、、、

糸に関しては、普段使っている糸でもなんとかなるみたい。
びんが小さくて、まりの円周が24~25cmになるので
ちょっと5番だとざっくり見えてしまいますね。
もっと大きいまりを作ってみたいのだけど
あのびんは、愛知川の保存会会員だけが使えるびんとかで
そこはまた考えなくっちゃ。
とりあえず、あきびんは買ってきてあるのでまだ練習はできます。
b0146998_22433689.jpg
作り終わった後、指先がしびれてじんじん、、、、
先生方どんだけ力使うのだろうと思ったけれど
「力じゃなくてコツね」ってそういえばおっしゃっていた。
コツをつかむにはまだまだ数をこなさないとできないのだろうな~~~

とりあえず、
1、びんてまりの作り方を知りたい!!
2、現地まで見に行って来た!!
3、自分で作ってみた!!
ここまでやったので少し気が済みました。
びんてまり、面白いわ~~~~
手品みたいで、こんな世界もあるのかととってもワクワクできました。

どうやるの??って思った方、ぜひぜひ愛知川に足をお運びください。
現地ではすべてを見ることができます。
駅舎でハンドブックを買うことができます。
商店街には材料を売ってます。

もちろん、こっちでも揃えることができる材料ですが
まずはセットになっているものを買った方が早いです。
それを見ながら、自分でまた少しずつ買いたしていきましょう♪

びんてまりの展示会は、年一回。
今度の日曜日までです。
それ以外の時期は常設展があってビデオを見ることはできます。
でもでも、展示会時期の土日だけの先生の実演は必見。
手元をじ~~~~っくり見て来れば、
こんな風にとりあえず作ることはできますよ~~
(難しさもよくわかった。現地の人すごい)
またとないチャンスが今なので、びんてまり作りたい方愛知川へGO~~~!!!!

*びんてまりの作り方について、私がお答えすることはありません。
愛知川に行くのが一番です。展示会楽しいですよ~~
るーぶる愛知川では、ハンドブックの通販もあるみたい。現地にお問い合わせくださいね。

謎が解けてほっとしたFokameでした(*^_^*)





ブログのランキングに参加しています。
いつもご協力ありがとうございます。
今日も『ハート』の画像をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

by Fokame | 2017-12-11 23:14 | 刺し子とこぎん | Comments(0)

びんてまりの旅②

懸賞 2017年 12月 10日 懸賞

びんてまりの展示会場にはいると目に飛び込んでくるのが展示台。
b0146998_22531774.jpg
今回の展示数はいままでの最高で550個のびんてまりが飾られているそうです。
裏側にもこんなたくさんのびんてまり。
b0146998_22533523.jpg
集合体にも圧倒されるけど、ここのてまりの可愛さったら、、、
b0146998_22535470.jpg
大きいのもあります。比較のため自分のスマホをそっと置いてみました。
b0146998_22541326.jpg
可愛くて愛しくてなんだか泣けてきます、、、
b0146998_22543034.jpg
今回みたいな展示会は、毎年12月にやるそうです。
それ以外の時期は、常設展で少しみることができるだけ。
これだけの数が揃うのは、展示会期間だけだそうなので
びんてまり大集合~~~~は本当に見ごたえあるので見て欲しい、、、

そして今回の展示会でいいなとおもったのが、実演。
期間中の土日、11時と14時に実演があります。
それが見たくて行ったのです。そして行った甲斐があった!!
村川先生と東(あづま)先生
b0146998_22550116.jpg
b0146998_22551984.jpg
係りの方が解説してくださいます。
b0146998_22553608.jpg
ここからはあまり画像を出せないのですが、
この実演の何がすごいって、、、

びんてまりって、てまりがびんに入るわけです。
当然「どーやって入れるの!?」が興味の対象になりますよね。
てまりになにか仕掛けがあるらしい、、でもどうやって?????
その答えを目の前で見せてくれるのです。

びんてまり独自のまりの作り方
びんにいれるところ

この二つを二人の先生が目の前で見せてくださるのです!!!
片方の先生が、まりの巻き方を、最初から実演(←すごいことです)
そうか、だからかーーー!!!!(←ここがツボ)
まりを巻くには時間がかかるので、だいたい説明が進んだら

もう片方の先生が、出来上がったまりを実際にびんに詰める方法をみせてくださいます。
最初の先生は、まりを巻き続けているので
どちらの先生の手元も見逃せないです。
びんに入れる方法も、だからかーーーー!!!(←ここもツボ)
実際に目の前でやっていただけると、ものすごく納得するし
鮮やかな手つきに感動を覚えます。

もともとは、愛知川に細々と伝わっていたびんてまり。
伝統の灯が消えそうなところを住民のみなさまの努力と情熱でびんてまりを復活させたとか。
皆様の試行錯誤と工夫が今のびんてまりという素晴らしい形になっています。
その技は門外不出のものだったところ、普及のために『びんてまりの館』ができて
講習会やビデオなどで技を外の方にもお見せするようになった、、、

愛知川のみなさんの努力の結晶のびんてまり。
その技はやっぱり現地に足を運んでみるべきものだと思いました。
びんてまりのハンドブックや、館内で流れてるビデオで大体の事はわかるのですが
先生方の手つきを目の前で見ると、やはり納得感がちがいます。

そして先生方、すべてを実演しながら教えてくださるの。
「どうやってやるか」ほんと、現場に足を運んで実際に見た方がいいです。
てまりを作れる方なら、先生方の実演をみればほぼ納得。
ある程度の試行錯誤はあるでしょうが、家でも作れるようになると思います。
それだけ、実演では包み隠さず教えてくださいます。

でも、自分が作れるようになったからと言って
その方法を自分が伝えてはいけないと思うのです。
やはり、愛知川の人の口を通して聞いてほしい。ものすごい工夫を精進を重ねてきた技を
実際に見て欲しい、、、って思います。

今回、写真を撮ったり、ブログにアップしたりは許可を得ておこなっています。
作り方については「個人のお楽しみの範囲」ということなので
私のヒミツファイルにそっとしまっています。
しつこいようですが、びんてまり作ってみたいと思う方、展示会の実演みるべきです。
感動の拍手が起こります。


さてさて、熱弁をふるってしまいました。
びんてまり旅、午前中の実演を見た後はご近所でランチ。
係りの方のご紹介いただいた香凛舎さんへ(徒歩3分)
そのあと、びんてまりの材料が買えるというお店に(徒歩10分)
小さいびんてまりの材料がすべてそろってるセットを購入。
びんや糸なども買いたしてから、またびんてまりの館へ(徒歩12分)

14時からの実演をみたあと、買ってきた材料で少し巻くところを先生にみていただき
家でもできそうなことを確認してびんてまりの館にさよなら。
さっきの材料屋さんにまた寄って(徒歩12分)、びんと糸を買い足して
「これで家でも作れる!!」と希望に胸をふくらませて駅に向かいました(徒歩8分)

いや~~~良く歩きましたね。
びんてまりの館では、販売はしてないのです。
作り方ハンドブックは、駅舎のるーぶる愛知川。
材料は商店街のお店。
行くべきところが3か所に点在しているので徒歩移動はちょっと大変。
どれくらいかかりますか?と聞くと「いつも車だから歩きの時間は???」
歩ける距離ではありますが、行ったり来たりはちょっと大変でした。
材料のお買い物が楽しかった。糸がたくさんでぜーんぶ欲しくなるのはお約束♪

日帰りで現地の滞在時間充分かなと思ったけれど
それぞれの場所が離れていて徒歩移動があったので
帰りの電車はもう1本遅らせてもよかったのかも、、、
でも、頑張って歩いて十分愛知川を堪能することができました。

愛知川の駅で1時間に1本の電車を待っていたら、、、、
私がいるホームと違うホームに電車が停止。
私ってば上りと下りのホーム間違えていたのです。
絶対に逃したくなかったので必死に走って電車にセーフ。
危なかったーー そういえば私は重度の方向音痴でうっかり者。
(皆さん知ってるよね~~~)

今回、家で印刷していった地図をくるくる回しながら必死にがんばっていました。
私ってやるじゃん!ってひそかに思っていたところに
ホーム思い違い事件がおこり、やっぱり私は私だ、、、と再認識。
知らないところに、一人で無事に行って帰ってこれてよかったよかった。
b0146998_22544683.jpg
愛知川のびんてまり。ほんとにほんとに可愛いです。
どうやって作るのだろうと思った方、
是非是非、期間中に現地に足を運んでくださいませませ。
そして先生方の実演を見てくださいね~~\(^o^)/
ものすごく充実した講習会を受ける気分になれますよ。
そして愛知川で材料のお買いもの楽しいです!!
教科書は、駅舎でハンドブック購入必至。

何か何まで楽しく充実した1日でした♪









ブログのランキングに参加しています。
いつもご協力ありがとうございます。
今日も『ハート』の画像をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

by Fokame | 2017-12-10 12:16 | 刺し子とこぎん | Comments(8)

びんてまりの旅①

懸賞 2017年 12月 09日 懸賞

12月2日から17日まで愛知川でびんてまりの展示会が行われております。
結論から言います。
びんてまりを作ってみたいな~~と思う方、現地に行った方がいいです。
展示会期間中、土日のみ11時と14時にびんてまりの実演があります。
すべて見せてくれます。見る価値あります!!!

最初から端折って書いてしまいましたが、期間中の土日って
明日と来週の残り3日だけなのね。
行こうかな、どうしようかなと迷っている方、実演だけは絶対に見た方がいいです!!!

、、、、と、こういうことをこれからのんびり書いて行こうかと思います^^
迷っている人は、読むの後にして現地に行った方が良いです(断言)


ここから、のんびり旅のはじまりはじまり~~~
新横浜を6:46のひかり号に乗ると、愛知川に10時に着きます。
会場はそこから徒歩10分。電車の本数が少ないから下調べは必要ですが
交通の便は良いと思います。
帰りは、16:24の愛知川発の電車に乗って、新横浜に20時前には着きました。
充分日帰りが可能な立地でございます。
b0146998_21595113.jpg
朝暗いうちから出発~~~~!!!
米原まで2時間。ひたすら爆睡してしまいました=あっという間
(寝過ごすと怖いので、名古屋過ぎたあたりから一生懸命起きていましたよ)
b0146998_22000936.jpg
米原で新幹線を降りて、近江本線へ。
窓口で駅員さんから切符を買うのって新鮮!
電車に乗ると車内に変なものが??
b0146998_22002840.jpg
なんだろうとツイートしてみたらフォロワーさんが教えてくれました。
無人駅とかあるから、そういう駅ではバスみたいな方式で乗り降りするみたい。
運転席の後ろに料金表があってますますバス感満載。
b0146998_22004619.jpg
電車は2車両。こどもの国線も2車両なのでそこは驚きません。
無人駅だっておどろかないぞ(=こどもの国駅)
でも、現地についてはじめて『あいちがわ』じゃなくて『えちがわ』と読むのにびっくり!!
b0146998_22011848.jpg
そしてホームに降りて思わず「なんだここは!!??」と本当に叫んでしまいました。
な、、なにもない、、、??
改札どこ??って思ったら、ホームから踏切渡ったところに駅舎があるのね。
駅舎は可愛いです。
b0146998_22013456.jpg
駅舎の中に『コミュニティハウスるーぶる愛知川』があって
そこで色々なお土産や、びんてまりの現物、ハンドブックなどが買えます。
電車は1時間に1本なので注意しましょう。
駅舎の端っこにびんてまりの形した郵便ポストがあってまあ可愛い。
b0146998_22015125.jpg
駅舎はこのように可愛らしいのですが、駅前はというと
みごとになにもありません。駅にトイレはありますが、街は空っぽ。コンビニもないのよ(汗
(あとで聞くと住民の皆さんは車移動が日常、、駅から離れたとこに商店街あります)

とりあえず、駅をでたら左に歩きます(てまりポストの方向)
b0146998_22021276.jpg
新幹線の高架をくぐって進みます。
b0146998_22022974.jpg
道なりですが、めっちゃ不安になってきます、、、
b0146998_22024573.jpg
しばらく頑張って進むと大きな道につきあたるので、右方向へ
b0146998_22030078.jpg
大きめの幹線道路を歩いていると
b0146998_22031572.jpg
ようやく愛知川図書館びんてまりの館があります!
駅からここまで約10分。
b0146998_22033119.jpg
入り口を入っていくと
b0146998_22035319.jpg
びんてんてまりの展示会場になります~~~\(^o^)/
b0146998_22041102.jpg
この画像の正面右奥が常設展。
びんてまりや作り方のビデオを見ることができます。
今回の展示会はこの左奥。

明日は会場の中身とかご紹介しますね。
楽しく長い一日でした~~~





ブログのランキングに参加しています。
いつもご協力ありがとうございます。
今日も『ハート』の画像をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

by Fokame | 2017-12-09 22:32 | 刺し子とこぎん | Comments(0)

どうしたって楽しいことが

懸賞 2017年 12月 04日 懸賞

講習会が終わって、次の講習日まで2週間。
その間は少し時間ができる~~~とウキウキしたのですが
そうするとプライベートのご用が一気に押し寄せてくるのですよね^^;;
ずっとビーズを理由に止めていたのが、どばっと。
私がヒマになるのはいつのことでしょうか、、、???

ま、どれも楽しくてやっているので引き続き楽しくいきましょう!!
先日の講習会で、Mさまがある冊子をみせてくださいました。
b0146998_14183857.jpg
『びんてまり』って、てまりが瓶の中に入っているのです。
どうやって作るんだろう~~~って思っちゃいますよね。
ネットで画像など見たりして、存在は知っていたのですが
ちょうどいま展示会があるらしいのです。
来年には、講習会があるとか??
びんてまりの作り方教えてくれるところがある??!!
興味がバリバリです!!!!
私の習ってるてまりのレッスンでもいつかのタイミングでびんてまりあるはずなのですが
たぶん年単位で先の事。
知りたいと思ったら、どうしても今知りたくなるのがFokame西です。

情報が少なかったので直接電話しましたよーー
とりあえず、申し込みはできたのですが抽選みたい。
その後、あれこれと情報をあつめたところ、わりと地域を重視するみたいで
そこの地域に住んでいる人にだけ伝わることもあるらしく、
東京でてまり習ってるとか正直に書きすぎちゃったのでもしかしたらダメ、、かも、、??
とりあえず、抽選結果を待つばかり。

そしてせっかくの展示会なので何とかいける方法を。
片道4時間。
頑張れば日帰りもできそうなので今週末に実行する予定。
どの新幹線でいこうかな???

そんなこんな思ってたとこに、息子に次の乗船予定が届きました。
船のお仕事なので1回乗ると長いのね。
3~4カ月は帰ってこれないので毎回やっぱりさみしいです。
ようやく私に時間ができたのに、入れ替わるように行ってしまうなんて、、、
せっかくの一緒にいられる時間をはたして展示会に行ってしまってよいのかどうか
まだまだちょっぴり悩んじゃいます(+_+)





ブログのランキングに参加しています。
いつもご協力ありがとうございます。
今日も『ハート』の画像をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

by Fokame | 2017-12-04 14:28 | 刺し子とこぎん | Comments(0)

強力な雨女

懸賞 2017年 10月 25日 懸賞

私は、たぶん晴女なのです。
100%とは言わないけれど、かなりの確率でイベントは晴れをゲットできます。
だからあたしの行くところは、どこでも晴れるわよ~~(イタイ!!!)
って思ってたら、、、、というお話。

台風一過だったのに、今日だけ雨。
明日は、晴れだというのに、今日だけ雨。
まるで狙ったかのように、雨。

そう、今日は水曜日。
てまりのレッスンの日なのです。
ほぼ毎週水曜日はてまりデーなのですね。
そして、気が付きました。
水曜日は、なんだか雨の日が多い????
てまりレッスンがあるので雨だろうとなんだろうとお出かけするのですが
一週間を見渡しても、水曜日の雨っぷり、、、多くありません???
天気予報はそんなこと言ってないけど
なんか実感としててまりの日は雨に祟られてます。

家を出るときは降っていなくても、二子玉川に着くとザーザー。
これは、もしかして私のせいじゃなくて
てまりの先生方の中に、ものすごく強力な雨女さんがいるのでは??
私の晴れパワーごとき、かんたんにふっとばすような強力な雨さま。

てまりの先生方は、60,70,80代の人生のベテラン方。
どどーーーんと迫力もお持ちです(*^_^*)
そ、そうか、、、まだまだ私なんかがかなうお方々ではなかった、、、
そんな強力な先生方、先週末会合がありました。
秋田に日本全国のてまりの先生大集結。
飛行機や新幹線で先生方みんなお出かけだったのですが
ご存知の通りの台風の真っただ中。

雨女パワーまさに炸裂。
やっぱ、台風を引き連れていくなんてホンモノです!!
今日はてまり教室で色んなお話聞けたのですが
「台風大変だった」よりも
「あの作品がよかった、この作品がよかった」というパワーあふれる話題ばかり。
素敵な写真をたくさんみせていただきました。
ほんとにあのように歳を重ねていきたいと思います。

雨が降ろうが、なんだろうが、、、
やっぱり週に一度のてまり教室。はずせません!!!!
、、、宿題きついけど、、頑張るわ~~
b0146998_13285938.jpg




ブログのランキングに参加しています。
いつもご協力ありがとうございます。
今日も『ハート』の画像をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

by Fokame | 2017-10-25 20:42 | 刺し子とこぎん | Comments(0)

形の不思議

懸賞 2017年 09月 30日 懸賞

どこをどう辿って行ったらこの模様が出てくるのだろう???
というのが、てまりです。

この点とこの点をつないでいくと、いつの間にか模様ができている。
つまり刺し始めとかは、最終到達点が全然わからない。
それでも、指示通り刺していくと、こんな模様に出来上がっていくのが本当に不思議。
『風車』と『雪絣』
b0146998_13285938.jpg
不思議すぎて、もっと知りたくなる。
こうやったらああなる、という予測を付けたくなる。
そのためには経験が必要。修練が必要。
数を刺して、こうしたらああなるを身に着けたい。
わからないことって、なんて楽しいんだろう、、、

っていう日々を過ごしています。
それでもビーズもやりたくて、少しずつでもコツコツと、、、

分からないことを知りたい気持ち。
、、、、あらがえない今です(*^_^*)





ブログのランキングに参加しています。
いつもご協力ありがとうございます。
今日も『ハート』の画像をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

by Fokame | 2017-09-30 13:32 | 刺し子とこぎん | Comments(0)

久しぶりのてまり

懸賞 2017年 09月 27日 懸賞

ここ2週間ばかり、習いごと全部キャンセルでした。
だって、、、家族のかかってる手足口病を、レッスン先に持って行ってしまったら大変。
毎週通っているところをお休みするのは、さみしかったので
本日のレッスンとても楽しかったです。

てまりは、本当に奥が深くて、、
どこまで作ったら先達に追いつけるのか見当もつきませんが
コツコツと作り続けます。

たくさん作るとたくさんたまってしまうので
家の中にミニギャラリーを作りました。
新作などを飾って行こうと思っています^^
b0146998_19084676.jpg



ブログのランキングに参加しています。
いつもご協力ありがとうございます。
今日も『ハート』の画像をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

by Fokame | 2017-09-27 19:58 | 刺し子とこぎん | Comments(0)

ハロウィンカラーのてまり

懸賞 2017年 09月 07日 懸賞

新しく整備した作業場所は、思った以上に居心地が良いです。
いつでもすぐ作業途中のものを手にとれるようにしたので
ついつい座り込んで続きを作りたくなります\(^o^)/

初秋の折り、こちらのハロウィンカラーでてまりを彩ってみました♪
b0146998_09443400.jpg






ブログのランキングに参加しています。
いつもご協力ありがとうございます。
今日も『ハート』の画像をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

by Fokame | 2017-09-07 09:47 | 刺し子とこぎん | Comments(0)

こぎんの宿題完成~~!

懸賞 2017年 08月 09日 懸賞

よ、ようやく間に合いました!
今回の課題は『ひとつ花っこ』
b0146998_21354729.jpg
b0146998_21361396.jpg
裏は裏で可愛い所が好きです。
でも時間かかりすぎるのが課題、、、






ブログのランキングに参加しています。
いつもご協力ありがとうございます。
今日も『ハート』の画像をクリックして応援よろしくお願いいたします☆



[PR]

by Fokame | 2017-08-09 08:34 | 刺し子とこぎん | Comments(0)

こぎんもコツコツ

懸賞 2017年 08月 04日 懸賞

5月のビーズアートショーのあと、なんだか慌ただしさがとまらず
色んなことが中途半端になっててドキドキです。
すでに2か月持ち越してしまっている宿題。
b0146998_18142321.jpg
津軽伝統のこぎん教室。
進度にあわせて、模様をひとつずつ学んでいく形式。
はじめは、お手本にそって決まったデザインで刺すのですが
課程が進んできて、今は、課題の模様を取り入れれば
自由なデザインで刺していいことになってます。
何を刺しても良いって訳でもなくて、
『それまでに習った模様』を『伝統のこぎん』で刺すのです。

ちまたでは『こぎん風』が流行っていて、それがこぎんと勘違いしている方も多いのですが
それって、刺繍だよね?こぎんじゃないよね??って思うこと多いです。

こぎんは、もともと北国の生活の知恵からでてきた手仕事。
なぜこぎんが作られるようになったのか、その辺を考えると
いつも神妙な気持になって迂闊なことはできないなって思ってます。
先生がもともと青森の人なので、その辺指導がとってもしっかりしています。
趣味でこぎん風の刺繍を刺しているとわりきっているなら、
何をしても別に怒られるわけではないのですが
お教室内の課題であれば、はっきりと指摘されます。
うちのお教室はその辺すごくはっきりして、それが気に入っているところです。
たぶん、私は縛りプレイが好きなんでしょうね~~
限られた条件の中で最大限に美しく作っていくって言うところに魅力を感じてるのだと思います。

そーんなこだわりもって刺しているから、まあ進まない進まない。
たくさんの事案を抱えているから、お教室やめようかと思うこともあるのですが
こぎんを刺している時の、しん、、、とした気持ちが好きでやはり即やめることもできません。
生活に根差したこぎんは、美しく、力強く、静謐。私もそんな風に刺してみたい。
先人の知恵と美意識に触れていきたい。こぎんに圧倒されたい。
先人たちが作った模様を、こぎんの文法にそってきちんと配していく。
うまく配置できたとき、それはとても力強く、この上なく上品なのです。

先輩方の立派な作品ばかりみているので
自分のつくる自由なデザインにはものすごくがっかりすること多いです。
毎月課題がでるので、あんまり思い入れがありすぎるとほんと進まないので
今は、サンプラー作るつもりであえて平凡な配置で。

今回は、はしっこの処理に困ってしまったのでPC作図してみました。
KGチャートというのを使っているのですが、まだあんまり使いこなせていない。
手書き派とPC派と別れているのですが、、、、、
うーーーん、むずかしいところだ~~~~(先生は手書き派)

あれもこれもと大変ねって言われて、実際時間のやりくりに追われてるのですが
てまりにしろ、こぎんにしろ先生方がご高齢。
やはり、学べる機会があるうちに、きちんと本物を習っておきたいと思うので
こつこつ続けていきたいと思ってます(*^_^*)

どの先生に習うかで、ぜんぜん違うこぎんの世界。
ご自分にあった先生に出会えて私は幸せです。




ブログのランキングに参加しています。
いつもご協力ありがとうございます。
今日も『ハート』の画像をクリックして応援よろしくお願いいたします☆


[PR]

by Fokame | 2017-08-04 19:07 | 刺し子とこぎん | Comments(0)