人気ブログランキング |

暗号から編み図へ

懸賞 2017年 08月 25日 懸賞

BeadArt原稿ネタが続きます。

チューブクロッシェのことを原稿にしているところなのですが
私がチューブクロッシェをてがけていたのは、7~8年ぐらい前。
ビーズボールをまた考案してなかった頃です。

その頃のノートもしっかりと残してあって、
作る上での色々なことが書きとめてあるのですが
その頃の『編み図』がこう。
編み図というより、数字の羅列。まるで暗号のようです、、、、????
b0146998_09490295.jpg
球体のビーズボールを作り始めた頃から、視覚的な編み図を充実させていったのですが
チューブクロッシェの頃は、まだ黎明期。数字をひたすら並べています。
暗号みたいな数字の羅列を編み方の指示書として扱っていたのですね。
もちろん、今でもこの数字列つかえます。
数字の通りに通していって、編めばきれいなチューブクロッシェのできあがり。

この暗号を書いている時って、私の脳内には綺麗な模様が浮き出しているのですが
いざ、これを他の人に説明する時にとっても苦労してました。
だって、、、見たら、ただの数字が並んでるだけ、、、、、、
ただの数字も編んでみたら模様になって、それはそれでマジックみたいで楽しかった。

今回原稿を書くにあたっては『編み図』の概念が強くありましたので
とにかく見たらわかるように、チューブクロッシェもどんどん編み図にして見える化してます。
模様が視覚的にわかるので、どなたにでも説明しやすいです。

数字の羅列を編み図に直していると色々と気が付くことがあります。
「え、こういうことだったんだ!」って。
『模様の反転』という項目がありまして
チューブクロッシェの講習会でもやったのですが
ビーズを通しながら「あること」をすると、いままでの模様の進行を逆にできるのです。
もちろん、今回の原稿にもそれにふれていますが
数字の時はものすごく簡単だった『反転』も、
編み図にしてみたらそんなに簡単ではなかったり。
「あーそういうことかー」と思うのですが
以前の「簡単!」って思えてた感覚も捨てがたい。

以前のことを書くのやめて最新の情報だけ書くか
それとも、以前のモノにも触れるか、、、、

原稿は、ほぼ書き終わっているのですが、全部詰め込みすぎているので
これから内容を整理して、読み易く分かり易いものにしていきます。
反転の事、、どうしようかな~~~
昔の「あ!簡単だ!」
今の「いや、そーでもない」
この二つの扱いをどうしようかな?????

編み図にして、視覚的に考えると頭の中がどんどん整理されていきます。
読んでて楽しい内容にしていきますのでどうぞお待ちくださいね(*^_^*)



ブログのランキングに参加しています。
いつもご協力ありがとうございます。
今日も『ハート』の画像をクリックして応援よろしくお願いいたします☆



by Fokame | 2017-08-25 10:02 | 掲載誌 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< メイドインアビス   計算しまくり~~♪ >>