スザニ風刺繍とビーズボール始動

懸賞 2018年 06月 08日 懸賞

約一週間息抜きしまくってました~~~
まず手を付けたのは、刺繍。
b0146998_20495929.jpg
トルコに習いに行ったスザニ。
ほほ~~なるほど、こう刺すのかと習って納得してきたのだけど
まだまだよく分からない事いっぱいなのでとりあえず刺す。

本を参考に、下絵も自分で描いてみる。
先生は鉛筆でがしがし描いていたけど、まあ手芸用のペンで。
b0146998_20563520.jpg
こんなもんかな~~~ってとこで刺し始めます。
まずはチェーンステッチで縁取り。お花の部分はこれぞスザニ!って思った刺し方で。
刺し始めたのは4月の追いこみの時期。ビーズの合間に少しずつ進めてました。
b0146998_21005235.jpg
b0146998_21004654.jpg
布はバーベルの重しで押さえて、張り気味にして刺します。
糸は、野中先生から買いました。シルクの本場、ブルサの直送です。
シルク糸で刺繍するなんて、素敵~~~♪
発色が綺麗でつやつやで刺していて優雅な気持になれます。
反面、シルク糸のひっかかりやすさといったらすごくて、、、
指先のほんのちょっとのささくれでもひっかかりまくるので
綿の手袋しながら刺していました。

んで、6月に入って総仕上げ。こんな感じでできあがりです♪
b0146998_20494643.jpg
刺した後、どうするかという発想は無くてそのまましまっちゃうのだけど
何かに作った方がいいのですかね~~??
糸があるので、てまりもついでに作りました。
シルクがもったいないので、小さめのてまり。
b0146998_20495347.jpg
刺しあがったスザニの上に置いて撮影するとものすごくなじんでる。
b0146998_20495929.jpg
まるで元からそこにあったかのよう。とかいって喜んでました。
同じシルクの糸で作ったから馴染がいいのかしら。
シルクでつくるてまりもありだよねとかしみじみ眺めてしまいました。
b0146998_20500480.jpg
普段は、直径10cmぐらいのばっかりつくってますが
これは4cmぐらい。小さくても手間は同じくらいかかるので
出来上がった後の見栄えは大きい方が良いですね。
でも糸の消費量がすごいので、やはり小さめのてまりでチマチマ作るのでしょうか。
スザニとてまりの相性いいかもと一人でにまにましてしまいました。


こーーんな風に、春の忙しさの後のリハビリを楽しんでおりました。
もうじゅうぶん休んだかなと思えたので、今日あたりからまた始動です。
ビーズクロッシェの道具をひっぱりだしてきて、編んでおりました。
普段は丸小ビーズ使用なのですが、今回も大きめビーズでとのことで
太い糸と大きいビーズで作っております。
編みやすいのはいいのだけど、繊細さがないのでそこをなんとかすべく考えてます。

久しぶりのビーズボール。
玉の大きさを計って、段数を計算しながらまた楽しくなってきて
どんどん編み図作ってしまいました。
それがあってるかどうかの検証はまだこれから。
ひとつひとつ作っては、やり直す日々がはじまりまーす\(^o^)/



[PR]

by Fokame | 2018-06-08 21:13 | オヤとスザニ | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< ピエールピコ様に納品!   ひさびさのお絵かき♪ >>