そして飛行機は飛ばなかった(トルコ旅①)

懸賞 2018年 07月 23日 懸賞

7月14日~20日の日程でトルコのイスタンブールに行っておりました。
目的は、スザーニ刺しゅうの習得。
4月に行った先生のところに、再び飛んだのです。
日程をたくさんとったので、今度こそゆっくりじっくり学べるぞって楽しみにしていました^^

イスタンブールに5泊。同じホテルで勝手がわかっているので
荷造りもさっさと済ませて後は飛ぶだけ~~
夜22:30のトルコ航空をとったので、成田エクスプレスで意気揚々と参ります。
同行者とも無事に落ち合い、出国手続きもさっさと済ませて無事搭乗。
出発予定も少し早まったようで、幸先よし。あとは飛ぶのを待つばかり~~
でもね、、、と悲劇はここから始まります。
飛行機には乗り込んだものの、まてど暮らせど出発しない。
まあ、機体整備とかあるからね、、、、と思っていたのですが
急にアナウンスが!

「当機体は出発に向けて、機体整備をしていたのですが、成田空港の出発刻限の
23時を過ぎましたので、本日は飛ぶことができなくなりました~~~~」
「えええええ~~~!!??」、
「飛行機をおりたら、各自預け入れ荷物を受け取ってください。
ホテルの手配はできませんでした。各自とどまるなり、お帰りいただいてもよいです」
(え、ホテルってお航空会社がとってくれるもんじゃないの!? 
交通機関ももう終わる時間だよ?)
「成田空港にとどまる方には寝袋をご用意しております」
(えーーーーーーーーー!!!!!)ですよ。ほんと、マジな話なのです( ノД`)シクシク…
まあ言葉は少々略していますが、まあこんな内容が伝えられたのですね。

初めてのことで呆然としてしまって「そうか、寝袋なのか」としょんぼりするばかりだったのですが
どうやらそれはおかしいことらしいの。

同行者の旅慣れたメンバーが、こんなことはありえないと言い出した。
「今までにも飛行機飛ばないことは何度もあったけど
必ず宿泊の手配はしてくれた。こんな時間に解散の上に寝袋はなんてありえない!!」
それを聞いてようやく、今回のトルコ航空の対応がひどいことに気が付いた。

23時の刻限を過ぎている段階で、交通機関はもう終わっている。
そしてホテルもなく、帰ってもいい。とどまるなら寝袋。
こーーーんな対応はものすごく変なことなんだ。ありえない!!そーーなんだ。
経験者がいたから、おかしいと思えたのだけど、自分ひとりだったら
シクシクと寝袋で寝るところだった、、、経験ってすごいな。

なーーんて言ってても、状況は変わることでもなし。
混乱のままに機体を降りることに。あっちの通路ではおにぎり配っていたけれど
こっちの通路には何もなし。ああああ~~( ノД`)シクシク…
先ほど、うきうきと通った出国審査場。逆に出ていくことに。
「あれ?私たちって出国扱い??」って思っていたらこんなハンコがどーーん。
b0146998_21085409.jpg
出国中止!!!!!!!

例によって旅慣れメンバーが「初めて見た!」というので
これはとっても異常事態なんだということがわかってきたの。
ものを知らないのでと、こんなものなのかーーと思ってしまって(;'∀')
とにかくとんでもないことが起こってるのは理解しつつ、さあどうしよう。

スーツケースを受け取ってしまったものの、今晩は本当にどうしよう。
ホテルの手配もなく放り出されるなんて、、と自力でのスマホ検索するけれど
回線が全然つながらない(300人が一斉に検索してるはずだから、、)
成田から横浜に帰るには遠すぎる、、
成田市に実家のあるメンバーが、全員を実家にお招きしようと電話入れたりする中
旅行手配の社員さんから連絡が入ります。「ホテルとりました!」

神様に見えたよ~~~女神様だよ~~~~

今回、航空機は自力でとったので、その社員さんが手配する義理はないのだけど
それでも頑張ってホテルとってくれた~~
はあ~~もうありがとう~~足を向けて寝れないわ!!
通路で、寝袋とともに横になる人を見つつもも、とにかく今晩の宿へ。
徒歩圏のホテルだったので、4人でスーツケース引っ張りながらとぼとぼ歩き始めました。
もう夜中の12時で、空港の出入り口も制限されてて「本当に夜中なんた、、」
と思いながら歩きます。
途中で寝袋を配っているところに出くわし、いっそいただいてやろうかとも思ったのですが
ついついお利口さんで「どろぼーはよくない」とか思ってもらってこなかったの。
あとで、ほんとにパクった人を何人も見かけて
「記念にもらっておくべきだった」とか思っちゃった。

4人で二部屋。ようやくシャワーが浴びられる~~ってところで、1時近く。
お腹がすいた。機内のおにぎりこっちの通路にもくれればよかったのにとか思いながら
ホテルの自販機のおにぎりをたべました。
なんか本当にもう~~~もう~~~~

こんなんでも、ずいぶんひどいな~~と思うのだけど
もっとひどいのが、見通し、予定、連絡がほぼなかったこと。
各自のアドレスと名前を書いてくれたら連絡しますとか何とか言ってても
(それも白いコピー用紙に直書き)
本当に飛行機が飛ぶのか、それは何時なのか。わからないから予定もたたない。
電話してもはっきりしないので、ホテル待機をあきらめて
翌日、カウンターに直接行くことになるのです。

空港で寝袋待機した人の話を聞いても
まったくわからないので、カウンターのそばで夜明かししたとか。
飛行機がとばないとか、なにかトラブルあるとかは仕方ないにしろ
もう少し対応を真摯にしてくれたらよかったのに、、と思います。
アドレスも聞き取ったならきちんと連絡をしてほしかった。
するといったことが、全然あてにならず不信感しか残らなくて残念。

結局、昼頃飛ぶとか言ってた飛行機は、夕方の4時。
再び搭乗手続きの長い列に並びます。
昨日から何時間待ってばかりなんだろう~~何もしないというか何もできない2日間って、、
b0146998_20450529.jpg
b0146998_20451059.jpg
ようやく機上の人になって、飛ぶこと12時間。
イスタンブールについたのは、夜でした。
b0146998_20451346.jpg
本当なら、その日の朝4時について行動を開始できる予定だったのに
丸一日を失くしてしまいました。
空港に到着した時、いつもならワクワクドキドキするはずなのに
なんだかもう帰ってきてしまった気分というか
やりきってしまった感があって、旅が全部終わったような気分でございました。

こーんなことで始まったトルコ旅。
一日減ってしまったけれど、まあ今は無事に日本にいることですし
また少しずつ旅のお話を書いてみたいと思います^^

飛行機が飛ばない時ってどうなるか。
ホテルが取れないって信じてはいけません。
ホテルが満室だって信じてはいけません。
航空会社が手配しきれなかっただけ。
どこか空いてるところもあるはず。
あてにしてはなりません。自力でホテル訪問すれば空いていることだってあります。
(実際ホテルのフロントでは、まだ空きがあると言っていました)
こんなこと、、、学びたくなかったなーー
よい経験しすぎました( ノД`)シクシク…

さあ、トルコ旅の始まり始まり~~♪





[PR]

by Fokame | 2018-07-23 21:39 | トルコ旅行 | Comments(2)

Commented by at 2018-07-25 11:50 x
帰国おめでとうございます!いろいろあっても無事がなによりです!
Commented by Fokame at 2018-07-25 21:29
杏さん、こんばんわ!
はい、無事出発できて帰国できるって奇跡的なことなのですね^^;
今となっては良い経験と言えますが、本気で途方に暮れる経験しちゃいました~(TT)
名前
URL
削除用パスワード

<< 気持ち悪いと思ったら熱中症!?   明日からトルコです >>