作品の裏にボツの山あり♡

懸賞 2018年 10月 20日 懸賞

ここのところ、デザイナーズセミナーのことばっかり書いてます。
だって、もう来月、再来月の事だし、それに向けての準備準備で楽しい時期。
これをレポしなくてなんとする~~~ってとっても上向き気分でございます。
教材などはすでに決定済み。
公式HPの綺麗に撮っていただいた画像をごらんくださいませ。
午前はビーズボール
午後はバラ模様のシザーケース
教材については、また具体的に紹介させていただきますね。

ここのとこ、針刺しのことばっかり書いておりました。
これが教材??って間違っちゃうといけないので今日はそこをしっかりと。
最近ご紹介の針刺しは、会場販売予定のキット予定のものでございます^^
午前午後のレッスンを終えて、ビーズクロッシェに慣れてきた方が
もっとお家で作りたいなと思った時にその場でお求めいただけるように
用意しているものでございます。
午後の教材のシザーケースが手仕事箱に入ってお持ち歩きできるように作ったので
その仲間として針刺しを作ってみようと思ったのですね。
作っている間はついつい楽しくてそのことばっかり書いてしまうのでした。
針刺しは教材ではなく、会場販売のキットです。
会場にいらっしゃる方、どうぞお楽しみに~~~~
(一般販売については、未定です。主催は別なのでそこのとこ慎重に^^)

針刺しは、今回のデザイナーズセミナーの作品候補としてつくっていたものです。
私の方で何種類も用意して、その中からスタッフの方に選んでいただいて
今回午前の『ボールネックレス』と午後の『シザーケース』が
教材として決定したのですが、それとともに針刺しはボツ~~~。
たくさん作ったのであきらめきれず披露させてください‼
b0146998_09531903.jpg
後ろに写っているのが、没になった針刺しのみなさん。
結構な量です。思いついた時楽しくて、たくさん作っちゃったの。
没にはなったものの、これを見たスタッフの方が
「手仕事箱サイズで作ってみたら」とご提案くださったのです。
手仕事箱用に作ったのが今回の針刺し。手前の作品です。
これなら蓋を閉めた手仕事箱にもきっちり収まるので、とってもgood。
なんとかして会場キットとしてご紹介できるかなというところまで来ました。
こうして、この一つを作るために、
うしろのたくさんの針刺したちが存在してきました。
ボツ子ちゃん達の存在をを忘れないで、、、、

没になった針刺し達も、
形にする際にはたくさんの編み図の中から選りすぐられています。
作品として編む前にはたくさんのボツ編み図、失敗作があります。
なにか1個を作るときって、、裏には目に見えないボツが山のようにあるのです。
供養塔を建てようとか思う程。手作りする人ならボツの嵐はあるあるですよね~~

それだけに今回会場販売用キットとして、
選りすぐられたひとつが決まった時は嬉しくて嬉しくて
ついつい毎日書いてしまったというわけです^^
(教材ではないのでお間違えの無いよう♪)
今回本番の日まで時間が少ないし、Bead Art誌の原稿締め切りも重なるので
キット詰めにお手伝いをお願いすることにしました。
昨日はその打ち合わせ。私が思ったより早めの日程でのご提案をいただいたので
頼もしい限り。あとは次回の打ち合わせに向けて材料集めに走り回ります。
いつかこの材料あつめの段階からお願いできるようになれば、、いいな~~
(これを読んで戦慄してるかも、、^^;;)
たくさんの人の手を借りながら、当日に向けての準備をしてまいります。
デザイナーズセミナーにおいでくださる皆様、どうぞお楽しみに~~(*^▽^*)





[PR]

by Fokame | 2018-10-20 10:17 | ビーズ講習会 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 牛の電車が走っている   ミニ針刺し完成! >>