ブラックワークの新刊本

懸賞 2018年 11月 07日 懸賞

月末のデザイナーズセミナーに向けての準備バンバン中です。
本日注文してた品物を受け取りに、浅草橋に。
ここのとこ、立て続けに浅草橋ってるのですが、
行くたびに楽しいな~って思います。

が、いつもいつも無駄のない仕入ればかりしていると
ちょっぴり心が物足りなくなる。もっと自分用のものも買いたい!!
今日は、以前から見かけて欲しかった刺しゅう用の布を思い切って購入。
ブラックワークに使うのだけど、ラメ入りのキラキラの生成りの布。
いつかこれにびっしり刺すんだぜぃって思うだけで楽しくなります。
お会計をしようとしてたら、
レジのお姉さん方が入荷したばかりの書籍について話してました。
「ブラックワークの本が、、、」
おもわず「え♪」っと口をはさむ私。
ブラックワーク関係の本はたいてい持っているので、
どれかかな?と思っていたら、なんと出たばかりの新刊!!!
「買います」店頭に並ぶ前、段ボールから直接買っちゃいました~~~
b0146998_17210329.jpg
帰りの電車で楽しく眺めておりました。
ブラックワークって同じデザインを刺すのでも、
人によって全然違って、他の人の刺し順って新鮮。
模様に対する理解が私と全然ちがって、ああ、こういう
アプローチなのねと、とっても新鮮な気持ちで読みました。
ひとつひとつ仕上げていくというより、面全体を見て一気に刺していく手法。
全体図が早めに見えていいかもと思います。
一目刺し(刺し子の技法)に慣れてる人にも向いてます。
私はこの手法でやると、
うっかり間違えたときのダメージが大きいので、別の方法で(;^ω^)
端っこからちまちま完成させていく派です。一筆書きが萌えポイント。
どちらの刺し方でも面白いですよ~~~ってことで
ブラックワークってどうやるんだろうと思った方、
ものすごく内容が整理させててわかりやすい本なので(何より日本語!)
本屋さんで見かけたら、是非手に取ってみてくださいね♬

それにしても、あこがれの布を買った日に、新刊本まで手に入るとは。
(この本では別の布を推奨)
神様は私にブラックワーク再燃を求めているのかしら。
いつか冬ごもりするときは、布と針と黒い糸だけもって人知れず深い森に
入るんだ。そして何年かのち、びっしり刺しゅうされた布と共に発見される私。
な~んてのを妄想しちゃったりすることもあります♪




[PR]

by Fokame | 2018-11-07 17:43 | ブラックワーク | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 浅草橋肉ランチ   次号の原稿はトライアングルモチーフ >>