人気ブログランキング |

10月の講習会でお伝えしたいこと

懸賞 2019年 09月 12日 懸賞

8月が終わったら、9月がびゅんびゅん過ぎていくような日々を送っております。
もう来月は10月。秋の講習会が目前です。早いですね~~

さて、10月の講習会は、楽習フォーラムデザイナーズセミナー
昨年のビーズクロッシェ講習の第二弾です。
第二弾のお話しいただいた時と~~も嬉しかったです。
みなさまにご好評いただいたおかけです。ありがとうとございます<m(__)m>♡

2回目となる今回の講習会で何をお伝えしたいかちょっと書きましょう。
作品としては、丸大ビーズで作るミニがま口と丸小ビーズで作るビーズボールです。
もちろん教材を作るコツなどばっちりお伝えします。
が、
テクニックを伝えるばかりが私の講習会ではないことは皆様の方がよくご存じ。
プラスアルファをばりばりにお伝えしていきます。
資材の事、こうやったらもっと楽しい、こういう方法もあるなど
レシピにはないノウハウの部分が楽しいのです。
昨年の第1回目にもたくさんお話させていただきました。今年もやりますよ~

昨年のご感想を受けて、
今年は『テクニックの違い』についてお話したいと思っています。

私は楽習フォーラムからお招きを受けて
デザイナーズセミナーをさせていただいております。
生え抜きの楽習フォーラム会員ではないのに、
お声がけいただいてとても光栄に思っています。
「西先生のやり方で講習会をしてください」
とのお言葉のもと講習をしたのですが
あとから、混乱した受講生の方がいらしたと伺いました。

つまり、私のやり方と、楽習フォーラムとしてのやり方が違っていて
「何が正しいのかわからなくなった」とのお言葉があったそうです。
講習の中では「このやり方」「あのやり方」など分けてお話したのですが
もっと根本のところで混乱があったようでした。
今年はそこのところをもっとしっかりご説明していく予定です。

私の通常の講習会を受けてくださっている方と、楽習フォーラムで学んできた
生え抜きの会員さんの2種類(失礼)が混在する講習会場。
何が正解、何が間違っているということでなく
手芸における文法が違ってしまうと混乱してしまいますよね。
今年は、楽習フォーラムの生え抜きの会員さんにも
理解しやすいような講習会をいたします。

その一環として、レシピの見直しで楽習フォーラム大ベテランのK先生に、
レシピ監修をお願いしました。
その結果、私の通常の編み図にプラスして、
楽習フォーラム形式の編み図も掲載されたレシピになりました。
これにより楽習フォーラムの先生方は、
よりご自身の生徒さんに指導しやすくなります。
私には理解がむずかしい見慣れない編み図なのですが
「楽習フォーラム会員さんは、見たら全部わかる」編み図になっているそうです。

同じものを表現するにも色々な方法があるように
作品の作り方、方法も一つではありません。
楽習フォーラム生え抜きの方に、いきなり私のやり方での講習は「??」に
なっちゃうのもそうだろうなと思い、今回は「楽習フォーラムだと」という
エッセンスを頻繁に入れようと思っています。
十分注意してお話する予定ではありますが、ふわっと聞いていると
「あっち」「こっち」と混乱してしまうかも。
同じことについていくつもの方法を紹介するので
講習会の密度としては、通常の2倍、3倍の濃さになります。
(考えようによっては、すごいチャンス♪)

「何が一体正しいの~~??」と混乱してしまうより
「こんな方法もある、あんな方法もある」自分はどっちのやり方が好きかな
ってことを感じていただく講習会にしていけたらいいなと思います。
私の持論ですが
『より良く、楽にできればそれが正解。ついでにいえば速さも加わると最高』
何が正解か悩むより、皆さんが自分にとっての最適解を見つけられる
講習会にしたいと思っております。是非是非会場で実体験してください。
内容の濃い講習会のお申込みはこちら⇒楽習フォーラムデザイナーズセミナー

現在会場キットを絶賛作り中~~
ひとつひとつチェーンを切り出す作業。
こんなことばっかりやってるのでホント時間勝負です^^;
b0146998_15142008.jpg




by Fokame | 2019-09-12 15:14 | ビーズ講習会 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 色について   ビタミン剤は効く~~! >>