2018年 04月 24日 ( 1 )

懸賞 懸賞

トルコ刺繍旅

懸賞 2018年 04月 24日 懸賞

(本日は文章長~~~~~いです)
4月15日~20日まで、3泊6日でトルコに行ってまいりました。
これを見ただけでも、わー忙しそうな旅だな~~って思いますよね。
はい、ものすごく凝縮された旅でもどってきてからも頭の中がぎっしりすぎて
なかなか消化できずにおりますなうです。
でも書いておかないと忘れてしまったらもったいないので忘備録として書いておきます^^

今回の旅は『スザーニ刺繍を学ぼう!』という旅でした。
乙嫁語りから、スザーニに憧れまくった私。実際に教えていただけるんだうれしーーと意気揚々と出発です。



いつもならトルコ航空の直行便で行くのですが、今回はカタール航空で行きました。
何が違うのかなというと、乗り継ぎがあるのです、、、、、
成田空港⇒ドーハ 約12時間
ドーハ乗り継ぎ待ち 約5時間(?)
ドーハ⇒イスタンブール 約4時間(?)
b0146998_09570338.jpg
移動だけでほぼまる1日を使ってしまいます。
直行便なら(成田⇒イスタンブール)12時間ですむのでやはり乗り継ぎ移動は大変。
次回からできるなら直行便を積極的に選んでいこうと思いました。
とはいえ、はじめてのドーハも楽しみましたよ。
事前の調査でとにかく広いということだけは知っておりました。
国際ハブ空港とかで色々な国の飛行機が24時間離発着。
余りの広さに空港の中に電車が。

b0146998_09571413.jpg

b0146998_09571805.jpg

これに乗って空港内移動できました。
その他にも動く歩道とか。乗り継ぎはとにかく移動距離をしっかりと見ておかないと。
b0146998_09570932.jpg

調べていないのでよくわかりませんが、巨大なクマのぬいぐるみ?
その他には、うなだれた人形とか巨大なお飾りがあって今自分がどこにいるのか確認できます。
でもこのクマといい巨大な人形といいどちらもうなだれていて、悲しそうに見えて
なんでこのチョイス???とおもう形状でした。
b0146998_09573383.jpg

15日の15時に家を出て、イスタンブールに着いたのは16日の14時すぎ。時差6時間として
結局何時間がかりでたどり着いたんだ??
移動だけでとにかくふらっふらでもう何も考えられない状態。
それでも3泊6日の旅に、時間的余裕はありません。

着いてホテルに荷物をおいたらすぐに先生のお家に。
ホテルから先生のお家は徒歩すぐなので3日間ここから通うことになります。
疲れてて針持てないーーとか思っていたらすぐにお食事が出てきました。
b0146998_09573961.jpg

b0146998_09574300.jpg

b0146998_09574722.jpg

3日間ずっと先生のお家で昼と夜をごちそうになりました。
カメラにはお料理の写真ばっかり。

ここからは記憶がごちゃまぜになるくらい濃い日々をすごします。
まとめてみると
初日 移動、到着、先生宅で刺繍
2日目 朝エジプシャンバザール方面でお買いもの、昼先生宅で刺繍、夜ブルーモスク方面へお散歩
3日目 朝グランドバザール方面でお買いもの、先生と一緒にグランドバザール内の卸商見学、昼先生宅で刺繍、夜お買いもの
4日目 朝グランドバザール古本屋街でお買いもの、昼先生宅で刺繍、帰国
ざっとこんな感じで日々をすごしました。
一日が72時間あるのかと思うほど濃い日々です。
上記の朝、昼、夜のどれか一つでも一日のイベントとしては充分。
本当に一日の中でどれくらい経験させてくれるのというぐらい
色々なものを見聞きする日々。まったく無駄がありません。
あ、この他に夜はホテルの自室で宿題です。毎日宿題。寝てる暇なんでないない。
短い期間でしたが、ものすごく濃いというのは書きだしてみて改めて思いました。
忙しすぎるけど楽しかったーーーーーー!!!!!!
b0146998_09575310.jpg

b0146998_09580171.jpg

b0146998_09580511.jpg

b0146998_09580973.jpg


b0146998_09584242.jpg

b0146998_09584242.jpg
b0146998_09584613.jpg
b0146998_09585054.jpg

b0146998_09585425.jpg

b0146998_09593992.jpg

b0146998_09594339.jpg

b0146998_09594780.jpg

b0146998_09595047.jpg

b0146998_09595581.jpg

b0146998_09595852.jpg

先生の手料理だけはあまさず撮影しようと心がけておりました。
食ってばっかりーーーと思うでしょ。
このすざましい旅を乗り越えられたのはしっかり食べていたから。
普通なら疲れたらお昼寝するのですが、その暇はない今回は
食べることで元気をつないでいたみたいな気がします。
ハイで元気な日々でした。

え?そもそも刺繍旅では???
途中で気がついて、作業場を撮影。
b0146998_09582129.jpg

先生のお家のリビングでみんなで座って刺繍しました。
b0146998_09582616.jpg

先生のお針箱。
スマホとカメラ両方で撮影していたのですが
カメラにはあまりスザーニが入ってなくて自分でもびっくり。

とにかく旅の流れだけでも、、、
夜の観光。
トルコは今チューリップ祭り。
b0146998_09585855.jpg

b0146998_09590614.jpg

b0146998_09591040.jpg

グランドバザールの中にある、秘密の扉の向こう。
卸のお店です。
b0146998_09591679.jpg

お店の人達はここから仕入れてバザールで販売するみたい。
b0146998_09592022.jpg

b0146998_09592758.jpg

たくさんたくさん見せていただきました。
b0146998_10002353.jpg

本屋に行きたいと言ったら、連れて行って下さったのがここ。
グランドバザール近くの古本屋街。本屋によって扱っている本が違うらしい。
手芸書を探しに行ったのだけど閉まっていた、、、
b0146998_10003888.jpg

3日間教えて下さった先生。
最終日、モチーフの説明をしているところ。
このあとすぐに空港に向かいました。

こうやって書いていても、詰め込みまくりで何から書いていいのやら。
いつもの旅行記なら順を追って書くところなのですが
今回あまりにも濃くて、いつもどおりに書こうとすると1週間以上かかりそうで
ぎゅっとまとめて書いてしまいました。

長いフライトを終えて戻ってきたのは、20日の夜。
そこからは今迄の忙しさを埋めるような時間の戻し方。
まるで夢の中にいるような日々でした。
ようやく自分を取り戻して今こうして書いてます。

今回は『スザーニを学ぼう』という旅だったのです。
先生の所で布を渡されて、それぞれ刺繍するようにと言われます。
デザインは自分でしてもよいし自由。
b0146998_10000695.jpg

デザインは先生にお願いしました。
大先生の書いたデザインを、大胆に改変する若先生。
鉛筆でいきなりぐりぐり書くので驚きました。
鉛筆の線だらけの布に刺繍。

刺し方については、知っているものも有り初めてのものも有り。
スザーニって何?って思っていたのですが
今回の旅でいっそう何だろうという疑問が深まりました。
そもそも『スザーニ』とは『針』のこと。
刺繍をほどこされた布を総称してスザーニといっているらしいけれど
時代により、地域により、作り手により様々。
今回たくさんのスザーニを見たことでかえって
スザーニって何だろうと分からなくなってしまいました。
とにかく1枚仕上げること、と言われたような気がするので
帰ってからずっと続きを刺していました。

先生宅で一度見てよくわからなかったことも
自習するうちに、ああいうこうことかもと見えてきたり。
刺せば刺すほどもっともっと知りたくなっている今です。
何がスザーニかという疑問と答えは出ていないのですが
自分の中で「こんなのを刺したい」というぼんやりとした輪郭も見えてきたような気がします。
3泊の中では到底消化しきれないスザーニ。
「いろはのい、ろ」ぐらいわかればいいのかなと思って旅立ったのですが
まだまだ「いろはの、い」の書きはじめ。
学ぶことはたくさんたくさんあるのだということだけはわかりました。
ようやく学ぶための姿勢ができたところ。

今回の旅記がとっちらかってるのからも、
私の頭の中が整理しきれてないの充分わかりますよね~~^^;;
ほんとにまだまだこれからです。
わからないことがわかったので
これからもっとじっくり習得していきたい。

野中先生は次回に向けてすでに準備を始めてくださってます。
帰って来たばかりではありますが、とことん野中先生にくいついて
スザーニをもう少し理解したい。
どんなものか、どんなふうに刺すのか。
いろはのいぐらいはきちんと描けるようになりたいよ~~~

スマホの方にはまだまだ他の画像も保存されてます。
折りを見て改めてご紹介できるといいなと思いますが
とりあえず本日は忘備録としての旅記録を書かせて頂きました。
読んでて疲れた方~~~~
はい、同じ疲れを味わっていただいてありがとうございます。
これからは、疲れの向こうにある充実もちょこちょこと書いていきたいと思います。

次の旅のご案内が出たようです⇒☆☆☆

待っていても次の詳細は出ません。
少しでも興味があれば、まずは直接お問い合わせ。
どんな旅になるのかどんな旅にしたいのか。
皆様の希望によりどんどん調整変更されていきます。
私もまだ頭の中がごちゃついているので、
今度こそきちんと整理するためにも野中先生についていきたいと思います。
我こそはと思う刺繍猛女の皆さま、針を持つのは初めての初々しいみなさま
お針に興味あるなら是非ご一緒致しましょう~~\(^o^)/


長い長い文章をここまでお付き合いくださってありがとうございます。
あまりにも濃い内容にまだまだ整理しきれてませんが
ここからまた新たに楽しんでいこうと思っています。
今回の旅を企画してくださった野中先生。
一生懸命ご指導くださった先生方。
修行旅を一緒に乗りきった仲間の皆さま。
本当に本当に皆様のおかげで楽しかったです。
今回の経験をこれからもっと大きく育てていきたいと思います。
これからもよろしくお願いいたします♪






[PR]

by Fokame | 2018-04-24 11:16 | トルコ旅行 | Comments(3)