人気ブログランキング |

2019年 03月 02日 ( 1 )

懸賞 懸賞

絹糸を見に

懸賞 2019年 03月 02日 懸賞

花粉舞い散る今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか
はっくしょん~~~~~!!!!!!
お天気が良い=花粉がきついというなかなか厳しい季節ですが、
楽しいことがあれば、容赦なくおでかけです、おでかけ♡
以前にも行った、東京農工大学の科学博物館のイベントを見に行ってきました。
蚕が作る繭から、いかに糸を引くか。
先日のイベントでは手繰り式で絹糸を引くことを見せていただきました。
今回は、機械で引く方法について。
明治5年のお話でございます、、、みたいな感じで、小此木先生の講義がはじまります。
b0146998_22210232.jpg
はじめは、イタリアやフランスから機械を輸入して
それを日本向けに色々改良ししていって
国産初の操糸機『諏訪式』ができたこと、どのように改良していったか
どのように使いやすく普及しやすくなったかなど
昔々のお話を、ついさっきのようにとても分かりやすくお話してくださいました。
お話の間も、手元はどんどんとまゆを繰り、糸の巻き上げをしていきます。
「糸を投げる」これが一番難しいとのこと。
先日の、手繰りの時は実際にやらせていただいたのですが、
今回は機械だから、見るだけ~~~
でも、前回体験しておいたのでどのように糸を継いでいくのかがなんとなくわかって
継続して受講することの大事さを感じました。
手で一生懸命やっていたことを、機械にやらせることで生産量をあげる。
それでも、手の良さ、機械の良さはそれぞれで、、、、
文明は賢く進化していくのだな、としみじみしておりました。

そして前回も堪能した展示室にまた行っちゃいました。
機械が綺麗なんですよ、、、
b0146998_22205765.jpg
今回のイベントは国産初の機械。
それよりもっと進んだ機械もたくさん展示してあります。
機械の発展とかみていると、本当に人間ってすごいな頑張ってきたんだなって思います。
農業もすごいけど、工業もすごい、、、
普段接することのないことも、そうやって教えていただくと新鮮で
まだまだ知らないことがたくさんある気がしてとても楽しかったです♡
b0146998_22210533.jpg
構内は早咲きの桜がちらほらで、茶色の一角がピンクに染まっていて美しかった。
春が近いのですね、はっくしょーーーーーん!!!!!
b0146998_22205088.jpg
b0146998_22204780.jpg

イベント前に時間があったので、お友達と会ってきました。
同人誌をやっていた頃のお友達、一緒に原稿書いたり
売り子をやったりした頃の大切な仲間。
今はそれぞれの興味はまるきり違う方向に向いているのですが
それでも、昨日会ったばかりのようにお話が弾んで
ものすごく楽しかった。そこに30年の月日は関係ないね♪
お友達に会えたり、絹の美しさにふれたりで、
やっぱり花粉が舞おうとも、おでかけはやめられなーい( *´艸`)











by Fokame | 2019-03-02 22:41 | 日々のこと | Comments(0)