人気ブログランキング |

2019年 09月 03日 ( 1 )

懸賞 懸賞

青森・こぎんの学校

懸賞 2019年 09月 03日 懸賞

行ってきました、青森。私の夏休みですヽ(^o^)丿
今回の目的は『こぎんの学校』に参加すること。楽しかったですよ~~
b0146998_09242432.jpg
横浜からだとどうしても前泊、後泊が必要。泊まり込みで行くなんてステキ。
青森っていえば、ねぷたなのでしょうが、私にとっては
こぎん、こぎん、こぎんの故郷~~でございます。
7月に下見に行って、今回は準備万端で臨めます^^
b0146998_09221610.jpg
お宿は駅のそばに取りました。
周辺のお散歩♡
b0146998_09220161.jpg
駅の中にでっかいリンゴがあって、やっぱ青森すてき。
リンゴの最盛期は9月末かららしいので、今回はフレッシュリンゴには
あまりお目にかかれなかったけれど、木に鈴なりのは目撃することができました。
公園の一角にも、リンゴの木があってたくさんなってるのがあった。
あれは、スズメさんたちのご飯になるのかな?
それとも道行く人が、とって食べてもいいのかしら??
街中のリンゴの木がとっても素敵でした。
b0146998_09220762.jpg
とはいえ、私にとっては青森=こぎん。
材料のお買い物ツアーでございます。
前回に引き続き『つきや』さん。
この、マニアックな、飾り気のない、玄人っぽい、イケずな感じの店員さんも最高!!!!
フレンドリーには程遠い接客に、はじめはビビったのだけど
聞きたいことにはばっちり親切に答えてくださる。
いつまでも放置プレイしてくださるので、心行くまでお買い物を楽しめます。
私の頭のおかしい買い物量にもびくともしないで会計してくださるのも素敵。
初日のお買い物の後に、翌日も糸どっさり追加。マニアックでいいわ~
b0146998_09221215.jpg
現在のおハマりは、
つきやのミニコングレスに8本撚りの糸。
どちらもここのオリジナルなので、どーーーーしてもゲットしなくては。
ひし形が縦長に刺しあがるのが最高です。
通販は対応はしてくださるのだけど
なかなか手間がかかるので直に行った時に買うのが正解♡
b0146998_09215674.jpg
楽しい前泊イベントの後。
翌日はようやく本番。
迷子体質なので、前日の下見もばっちりで迷子にならずに会場へたどり着けました。
弘前城公園の中にあるのね。素敵~~(なんでもかんでも素敵)
b0146998_09215066.jpg
b0146998_09214412.jpg
こちらが会場の弘前市民会館。ここの大会議室で開催です。
b0146998_09213907.jpg
ロビーもおしゃれ。
受付は朝の10時からだったのですが、時間前からたくさんの人が集合です。
b0146998_09213494.jpg
今回は、80人の募集。広い会場もぎっしりです。
福岡~北海道まで。青森以外の人が1/3って言われたけど
青森の人が2/3もいらっしゃる。いいな~~青森、、、

さて、いよいよ開幕。
そらとぶこぎんの編集長さんの司会で進みます。
講師は福田カヨ子先生。
私がこぎん刺しの始祖とあおぐ工藤得子先生の直弟子さんの中では最高齢。
連日病院で点滴を受けながらの日々のなか、
私たちに教えるためにいらしてくださいました。
先生のご体調を慮って少し短めの講義となりましたが
どんな質問にもしっかりと答えてくださってとてもありがたかったです。
こぎん刺しには運針がとても大切。
でも運針がとても苦手な私が
「どうやったら上手く行きますか?」とか変な質問したのですが
「基本をしっかり練習すること」とど直球なお返事をいただけて
「精進します!!!!」と心を入れ替えることができました。
b0146998_09210211.jpg
講習の間に、お隣に座った方とおしゃべりとか。
青森出身の方だそうなので、その方にも運針のコツを聞いたのですが
やっぱり練習あるのみだそうです。
「コツより慣れ」というとっても重いお言葉をいただきました。
一朝一夕でできるものではないのね~~
一般参加者と思って気軽にしゃべりかけてしまったお隣の方、
午後の講師の先生でした。
大変失礼いたしました~~~~~

会場の後ろの方には、福田先生の作品。
ものすごく大きな作品ばかり。
作品の写真撮影は禁止だったのでメモを取る人、あきらめる人(←私)さまざま。
b0146998_10345711.jpg
でも、どうしても圧倒されるのですよ。こぎん刺し。
この圧倒される感がものすごく好き。
工藤先生のお言葉に
『単独模様を統合し全体模様として総刺しをして初めて
津軽こぎん刺しとよばれる価値のあるものになるのであります』
というのがあります(『津軽こぎん刺し』工藤得子・主婦と生活社)
すごい作品を前に、この圧倒される感じがわたしがこぎん刺しが大好きなところかな。
古くて新しくて未来的。見る人が思わず息をのむ圧倒感。
「好きです」としか言えないような、、本当に魅力的なこぎん刺し。
いつか、そんな作品を作れるようになるといいな、、、


工藤先生の直系の系譜の福田先生のお話を伺うことができて
こぎんの学校に参加してとても良かったと思いました。
事務局の方々本当にありがとうございました。
とはいえ、短い講義のなか
「あれはどうなのだろう」「これはどうなのだろう」と
未消化の部分も残りました。時間が足りなかった~~
けれど、先生のご体調の方が大切なのであとは自分で学ぶしかありません。

工藤先生は、ご著書が一冊のみ。
市場に出回らないのです。200ページもある本なので
ぱらぱら見るぐらいでは、何が書いてあるのかさっぱりわからない。
そこで、青森で図書館巡りすることにしました。
郷土資料とかで、たくさんのこぎん刺しの本あるかも~~

まずは弘前市立図書館。
b0146998_09205077.jpg
青森県立図書館
b0146998_09204500.jpg
やっぱりありましたね。
読みたかったあの本、この本。
中が見たかった本ばかり!
青森に行ったのに、ろくに観光もせず図書館巡りしたのが一番楽しかった。
工藤先生の本もありました。
書庫の中から出してもらって、受け取った時に
自分の頭上に「♬、♬、♬」のマークが躍ったの見えましたよ♪
読みたかった~~~~♪
撮影、コピーは禁止なのでひたすら読んでメモ。
どんなことが書いてある本なのか、ようやく全体がわかりました。
そして私が読みたかったこと。
模様の拡大方。

何度も耳で聞いて、それでもよく理解できなかったけれど
しっかりと式で書いてありました。これが見たかった!!!!!!
見てみれば私が学んできたことが書いてあったのですが
きちんと式としてページの中に納まっているのを見ることができて感激!!
そして、福田先生の授業でどうしてもわからなかったこと
工藤先生の本を見て、自分なりに一旦解決できたと思います。
やっぱり教科書ってすごいな、、、、、、、、、、、

模様の拡大法について、本当に分からなかったのですが
色々な先生から、色々な教え方でお伺いするうち
ようやく自分の中に納まってきたような。
後は実践するだけ~~ですが、とりあえず方法がわかって嬉しい今です。

私がこぎん刺しを習ったのは、鎌田久子先生。やはり工藤先生の直系の先生です。
レッスンで習ったあれやこれや、ものすごく貴重なお話だったと今はわかります。
あの時、ぼーーっと「何を言っているのだろう??」とよくわからなかったのですが
ようやくわかりはじめた~~(豚に真珠とはこのこと、鎌田先生ごめんなさい!!)

色んなことを考えながら、ようやく青森を後に。
夕刻の雲の形はとっても素敵でした。
楽しかった青森、また行きたいですねヽ(^o^)丿
b0146998_09203919.jpg
こぎんの学校行きますよ~~と書いたら
「私も!」ってご連絡くださった方がいらっしゃいました。
北海道の方、いつもTwitterでお世話になっていて、
花珠とかも楽しみにしてくださってホントありがとうございます。
地域的にお互い離れているのでお会いすることは難しいかと思っていたけど
今回のこぎんの学校でご一緒できました!!!!!
お隣同士で講習を受けて、一緒にお弁当たべたり
とっても心強かったです。ご一緒出来て本当に嬉しかった。
ありがとうございます<m(__)m>またこれからもよろしくお願いいたします♡

さて、戻ってきたらもう9月。
さっそくお仕事しますよ~~~
手元のデザイン提出用の作品仕上げて、その後は10月の講習会の準備。
たっぷり夏休みをとったので気力充実です。
またねじ巻いて頑張っていきますので
これからもよろしくお願いいたしますヽ(^o^)丿青森ありがとう!!!!
b0146998_14494452.jpg
b0146998_14493938.jpg

by Fokame | 2019-09-03 10:25 | てまりと刺し子とこぎん | Comments(0)