カテゴリ:てまりと刺し子とこぎん( 66 )

懸賞 懸賞

てまりについて再勉強

懸賞 2019年 03月 06日 懸賞

本日はてまりレッスンの日。
水曜日は初心者クラスで(とはいえ、錚々たる先生方もご一緒クラス、、、)
午前午後と2レッスンあります。1レッスンごとに課題が進むので
やる気に応じでどんどん先に進むことができます。
今年で3年目に突入しましたが、ゆっくりとマイペースで進んでおります。
同期ははるか先~~ 先に進んだメンバーの課題を見られるのが楽しいです。

8月にトルコで展示会できるかもとのお話をいただいてから少しずつ
詳細を詰めております。実現に向けて一つ一つ積み重ねの連続です。
てまりの紹介をとのこと、本日先生方に色々と教えていただきました。

てまりの起源は思ったよりも古く、飛鳥時代とか鎌倉時代とか江戸時代
とかのお話がふつーに出てくるのです。
はじめは御殿の姫君のために女官たちが絹糸でかがっていたこと。
木綿の普及により庶民に広がっていったこと
母から娘へ、各地で伝統柄が継承されていること
色々なお話を伺い、今自分がてがけているてまりの歴史背景を知り
改めて気持ちが引き締まる思いでした。

海外への紹介をきっかけに、自分とこの歴史をひも解くって面白いですね。
案内文章は上の方々が作ってくださるのかと思っていたのですが
「今日聞いたことを、自分なりにまとめてみて。勉強になるから」と、
思わぬ宿題をいただいてしまい、焦りましたが改めて文献を読みなおしたり
本当に良い勉強をさせていただいています。
日本てまりの会のカリキュラムには、段階に応じて色々な模様テクニックがあります。
ひとつひとつ段階を踏みながら色々な伝統柄を身に着けていけるのは
本当に得難い体験だなと思いました。
「楽しいから」で続けているてまりでしたが、奥の深さを学んでます。

てまりはご高齢の方が手掛けている印象が強いのです。
すぐに作れるものではなく
物によっては何か月もかけて取り組むこともあります。
時間をたくさん使えるのは若いうちは難しかったりするので
年齢がいって落ち着いてからになってしまうのでしょうか。
継承していく人、いなくなったら文化ってなくなってしまうことも。
伝統と伝承の一部として少しでも関われたらいいなと改めて目標を持った気持ちです。
先生方の中には元学校の校長先生だった方がいらしたり、色々な経歴の方々で本当にすごいです。
バリバリしごいてくださる先生方に感謝です( *´艸`)

トルコでの展示は今実現に向けて少しずつ準備をしているところです。
先日ちょこっと書いたのですが、やっぱりもう少し決まってからにします。
詳細が整い次第、また改めて紹介させてくださいね^^

本部にあるショーケースの一部です。
今はお雛様のてまりをたくさん飾ってあります。
b0146998_22255241.jpg




by Fokame | 2019-03-06 22:56 | てまりと刺し子とこぎん | Comments(0)

8月トルコ展示会ツアーについて

懸賞 2019年 03月 04日 懸賞

8月のトルコ展示にむけて、詳細を詰めているところです。
もう少しはっきり決まったらまたお知らせいたしますね。



by Fokame | 2019-03-04 19:55 | てまりと刺し子とこぎん | Comments(2)

いつの間にか進むこぎん刺し

懸賞 2019年 03月 01日 懸賞

Bead Art誌用の原稿をアップして、達成感モリモリのFokameです。
書いている時はものすごく集中するので、そこからの解放感もものすごい。
もしかして、解放感を味わいたくて書いているのかと思う程、
本日は自由な気分でいっぱいでした♡

原稿が終わったらあれしよう、これしようはありますがとりあえず、
今日は気の向くままに自由に手仕事しました。
今ハマっているのは、こぎん刺し。
あちこちまだ途中のパートもありますが楽しく刺してます。
アクリルコングレスの帯地。糸は5番。しっかりと目の詰まった生地なので、
とーーーっても丈夫な仕上がりになります^^
b0146998_21433950.jpg
図案は、鎌田先生のご本から目に留まったものを片端から。
お教室に通っている頃は、配置とかバランスとか計算しながら刺していたのだけど
今は自由に刺したいので、とにかく気になるものから刺しまくり~~~
5mほどある布地なのですが、
でっかいサンプラーにでもなればいいかと思っています。

実をいうと、このこぎんを刺しているのが今一番楽しい。
きっと何の制約もなく自由に取り組めることだからだろうなーと思うのですが
時間が空けばこぎん刺してます。
1月の終わりから刺し始めて、だいたい2月いっぱいでこれだけ進んだ、、、、
え、やばくない???
空いた時間とかいいながら、こぎんの合間に原稿をやって、、、、、(自粛)

まーーとりあえず、自由に刺すのは楽しいです。
帯地はまだ他に何本か持っているので、いずれはサンプラー扱いでなく
ちゃんと帯として使えるものも刺してもいいななんて思ってます。

毎回反物をくるくると広げる作業も楽しくて。
どこまで伸びていくか、気長に見守っててくださいね( *´艸`)





by Fokame | 2019-03-01 21:54 | てまりと刺し子とこぎん | Comments(3)

てまり教室から雛めぐり

懸賞 2019年 02月 21日 懸賞

原稿中、おにぎり中でもありながら、てまりのレッスンもあるのでおでかけです。
何かイベントがないと、ホントに家から出ないので、貴重なお出かけのチャンス。
家に居れば、ずーっと楽し気に作業しまくってるからそれはそれで幸せ( *´艸`)
外出と在宅ととても良いライフサイクルで暮らしております♪

てまりは、日本てまりの会本部教室。二子玉川にあります。
水曜日は初心者向けとか、体験レッスンとかもある日。
それぞれの課題のてまりに取り組みます。
本部には各地の教室で教えている先生方も生徒として一緒に学ぶので
ものすごく勉強になります。先生によって教え方も違ったりして
何故そうなるのだろう、自分にとってよい方法はどれだろうと
そっと考えて実行してみるのもものすごく楽しい。

教室は、会長のご自宅の一室。20人ほどが入れる部屋で習っています。
机が4か所ほど島になって配置されていて、一旦島が決まるとあまり動きません。
自分の島のメンバーとはおしゃべりできるのですが、
他の島のメンバーにおしゃべりにいくほど、度胸もないので
おとな~~~しく習っております。

しかし、お話してみたい方もいらっしゃるのですよね。I先生。
あとで書くのですが、ものすごくお話したい話題があって話しかけに行きたいの
ですが、いつもご自分の作品に熱心に取り組まれてるので
ついつい声をかけそびれておりました。
本日ようやくお話をするチャンスがあったのです~~

その先生が主催メンバーになっているイベントが明日から始まります。
玉川学園の街全体を使って『雛めぐり』というのがあるのです。
b0146998_22252849.jpg
それぞれに特技をもった住人達が行うイベント。
プロがたくさんで、すごい街だな~~って思います。
今回が20周年。そして今年で最後になるそうです。もったいない、、、
本日お世話になった先生のイベントは
てまり工房ギャラリー風の庭 大正から昭和のお雛様

本日、先生のご自宅にお邪魔して、一足先にお雛様をみせていただきました。
先生と私の家、車だと15分ほどの距離。
存じ上げてはいたのですが、私からはなかなか言い出せずにいたのです。
本日お話の流れで、お招きいただいて嬉しかった。
「そうなのね、それでは、一緒に帰りましょう♪」と先生の車で送ってくださることに。
なんと、、自動運転付きベンツ、、、、、
東名をかっとばして、送っていただきました。
自動運転付きの車に乗ったのは初めて。そして大きなおベンツさま。
私より年上の先生が運転するお姿はかっこいいです。

先生のご自宅にはギャラリーがあって、いつもはそこにたくさんのてまりが展示されています。
今はイベント中なのでものすごく大きなお雛様が。普通の段段飾りとかでなく
御所のようなしつらえお飾りで素敵でした。まるで博物館のようでこれがご自宅とは、、
個人宅なので写真を撮るのをつい控えてしまったのですがものすごく素敵でした♡

お庭は、たくさんのバラが植えられていて5月にはオープンガーデンもあるそう。
『邸宅』ってあるんだな~~とびっくりするばかり。
そして、そのお庭の話を先生としてみたかったのです。
昨年、うちの庭をリフォームした時にいらしていただいた庭師さん
打ち合わせの時に、うちの玄関に飾ってあるてまりをみて
「そういえば、、、」とお話してくださったことから、
同じお教室のI先生だということがわかったのです。
どんな経緯でその庭師さんを探し出したのかとかお聞きしてみたいっ
とずっと思っていたので本日のお招きは本当にうれしかったです。
今は冬で静かな庭でしがた、5月のバラはきっと素敵でしょうね。
今日はプレオープンだったので、お飾りの途中のものもあったのですが
会期中にもう一度見に行きたいなとおもいました。

ご自宅に、あんな素敵なギャラリーがあってお教室スペースがあるとは
まるで夢のよう。ああいうお家もあるのだと本当に憧れます。
私より10ほどお年上なのですが、何よりお元気。
定年までバリバリお仕事を続けていらしたそうで、本当に元気。
てまりやお料理教室など今も現役です。I先生のように歳を取っていきたい。
てまり教室には、そのようにお元気な先生方がたくさんいらして楽しいです。
玉川学園は小田急線。お近くの方は『雛めぐり』ぜひ遊びに行ってくださいね♪

今日のレッスンのために前日は土台準備頑張ってました。
『10kに補助線』
なんのことじゃ~~と思う呪文のような言葉もだんだん理解できるようになりました。
てまりって、、地割だけでもホントに美しいです。
ややさぼりがちですが、てまりも頑張る~~ヽ(^o^)丿
b0146998_00214315.jpg
b0146998_00214034.jpg







by Fokame | 2019-02-21 00:22 | てまりと刺し子とこぎん | Comments(0)

麻薬的快感のこぎん刺し

懸賞 2019年 02月 08日 懸賞

今欲しいものは、
①時間。たくさんの時間。1日72時間あったらいい。
②たくさんの自分
③疲れない体
④いつでもてきぱき動ける体調
⑤多次元宇宙
⑥ドラえもん、、、
書けば書くほど、おい大丈夫か、になってきそうですが
あれもやろう、これもやろうがちょっと渋滞を起こしています^^;;

頭をクリアにして、さっさと順番をつけて片づけていけばいいのですが
まあアイデア作業だったりするので、そうそう計画通りにはいかないのですよ。
自分の中で、んーーーーーって考えながら静かに熟成の時期を待っているところ。

端的に言えば、この3つです。
1、Bead Art 29号の原稿と作品
2、ビーズクロッシェの新しい提案
3、ビーズアートショーにむけた作品の整理
どれも、今日明日ということではないのだけど
出来るだけ早くやろうよね、その方が後のことが早く回るよ~~ってことばかり。
どんどんやればいいのに、なんだか体が泥のようで重くって。
頭の中も泥がつまってるみたいで、あんまり回らない。
困ったなーーーーと思いつつ
なんとか、机で作業は続けてます。手は動かしていたいの。

さて、私の机のまわりはパラダイス。
座っただけで、あっちこっちに手が届き、なんでもできるコクピット仕様。
ビーズ、てまり、刺しかけの刺繍あれこれ、作りかけの作品、、、まさにパラダイス。
なんでもすぐ手に取って、作業が始められる。つまり誘惑も多いわけです。
「よっしゃ、あれやろう」って机についても「ちょっと、こっちやってから」
そんなこんなでついつい進んでしまってるのがこれ。
b0146998_18190081.jpg
化繊のコングレス帯地に刺すこぎん刺し。
せっかくあるのだからちょっとだけ♡♡なんて始めたのが
なんだかものすごく楽しくてどんどん進めちゃってます。
ここにこんな模様を刺そう、ここはこうしようだけ決めて
こういうふうにすればよかった、あっちの方が良かったが出ても
サンプラーにするつもりなので、気楽にどんどん刺しちゃいます。

空いてるところを埋めていく作業がなんとも楽しい。
学生の頃、教科書の□っぽいところ、延々と鉛筆で埋めたりしませんでしたか?
「口」「品」「辞」とかの□の中を丁寧に塗るのが好きでした(≧▽≦)
きれいに埋めるのが好きで、共通一次世代のマークシートなんてご褒美でした。
まあ試験は大嫌いでしたけど^^;

こんな私にとって、空き地があるこぎん刺しはもう居ても立っても居られません。
「ここ、ここを埋めてから、、、」なんて針を持つとアッという間に
2時間、3時間たっているから怖い、、、
ひとつひとつ埋める度の達成感はやばい楽しさで、まるで麻薬のよう。
飽きたらやめようなんて思って始めたのに、全然飽きないのでびっくり。
これ、全部通しで刺し終わっちゃったりするのかしら。
そんなことやってたらとてもじゃないけど時間足りないのでほどほどに。
今は、こぎん刺しをご褒美にして他の作業も同時に進めるようにしてます。
こぎん刺しで、心と体を休めながら
どかーーんと仕事できる日を心待ちにしております。早く爆発したい、、、!!






by Fokame | 2019-02-08 18:33 | てまりと刺し子とこぎん | Comments(0)

久々のてまり教室

懸賞 2019年 02月 06日 懸賞

二子玉川にある日本てまりの会、そこの本部教室に通っています。
先生のご自宅がお教室になっていて、月に3回レッスンがあります。
クラスは午前午後あって、一つずつ課題を進めるので、
真面目に通えば月に6作品ずつ作れることになります。
初めのうちは、真面目に通っていたのですが(簡単に作れる)
だんだん課題がむつかしくなって(作るのに時間がかかる)
なかなかたくさん通うことができなくなっています。
先生方に申し訳ない~~~っと思いつつ、行ける時に行くスタイルに、、、
b0146998_20103233.jpg
本日、久々に行けたというのに、せっかく仕上げた宿題を家に忘れてしまうポカ。
新しい課題をいただいたので、次回両方持っていくことにします。

本部教室に通ってていいなと思うのが、お教室の中が先生だらけなこと。
各地で指導している先生が、生徒として通っていらして
その同じ空間で私たちも学べます。あちこちから聞こえてくる色々なお話や
あちこちの机に転がる美しいてまり、自分がやっている課題よりはるか上の
高いレベルの作品を見せていただくことができるのも本部教室の醍醐味。
ああ、通える場所でよかったな~~って思うのです。
60,70,80代の方が、いきいきと作品について語り
技法について悩み、みんなで検討する。
あのように歳を重ねていこうあのようになっていきたいなと思います。
どんなに時間が足りないって思っても、
先生方に会いたくて、てまり教室は通い続けるのですよ♡



先週我が家に吹いたインフルエンザ旋風もようやく終息。
自分ももしかしたら、罹患してたかも、、、というだるさはありました。
熱がでたら病院に行こうとか思ってたのですが、そこまでじゃなく。
いつの間にか時間が過ぎてしまった。
予防接種のおかげなのか体力のおかげなのか。
とりあえずよかったよかったと思いつつ、正直まだパッとしない体調です。

主人がインフルエンザの間、普段は和室にお布団を別に敷いてるのですが
その期間だけ別の部屋で寝る事にしてました。とはいえ、余っている部屋もなく
とりあえずで、リビングに私だけ寝ることに。テーブルがどーんどあるし
みんなが歩くスペースも確保しないといけないので、苦肉の策で
テーブルの下に潜り込んで寝ることにしました。
机の下にお布団、、って、絵面は爆笑ものなのですが、
もぐりこんで寝てみると案外イイのです。テーブルの下って♡
頭が守られてる感覚というか、狭い洞窟の中で寝ているような感覚。
びっくりするほど、よく眠れるのです~~♪
インフルが去って、和室にもどって寝ても、テーブルの下の方がよかったなあと。
狭いとこが落ち着くって、あるあるだよねーと思いつつ
なんとなくテーブルの下ばかり見つめてしまう私です(≧▽≦)







by Fokame | 2019-02-06 20:31 | てまりと刺し子とこぎん | Comments(0)

こぎん刺しと帯地

懸賞 2019年 02月 01日 懸賞

家族のインフルエンザは見事ビンゴでした!出社もできず1週間家庭内看護決定です。
普段は外に出てウイルスに感染しないよう手洗いうがいと気を付けているのですが
自分の家が一番危険となった今、もう腹をくくるしかありません。
食事と睡眠を心がけたとっても健康的な日々となりました。

患者本人も、今はやりのお薬を飲んであとは眠っているだけ
なんだか、とーーーーーーーっても静かな感じの家庭内です。
睡眠と休養とバランとのとれた食事。
どこに出かけるでもなく、食事の支度が最大の関心事となりました。
裏を返せば、あとの時間はずっと暇なわけです。
それでも、患者は心配だし、きっと自分にもうつってると思えば
何かをする気にもなれず、はらはらと不安でものすごく落ち着かない。

とにかく、なにか没頭できるものを!!!!!
ビーズだといろいろとその先のことなど考えながらするので今回には向かない。
てまりにも興がのらない、それでは刺しゅうでもするかーーと思った時に
自分、ものすごく良いものを持っていること思い出しました。
今はお休みをしているこぎん刺し。
そうだ、こぎん刺ししよう!!!!!!

b0146998_10523794.jpg
何かに没頭したい時、何も考えたくない時、こぎん刺しはとっても良いのです。
まず整然とならんだ図案に癒されます。なんて美しい、、、
そしてこれを刺すためには、常に数え続けないといけないの。
1,3,5、開いて、閉じて、伸びて、、、、頭の中これの繰り返し。
整然と模様ができていく様は美しく、ふと雑念が混じるとすぐに間違えてしまいます。
静かに、ずーーーっと没頭しているのは、まるで糸で写経してる気分です^^
何もできない、何も考えたくないそれでも手だけは動き続けました。
無我夢中の何日間、ようやく主人のインフルエンザも快方に向かい
私も娘も結局罹患しなかったみたい???
とりあえずよかった、けどまだまだシーズン真っ盛りなので油断禁物。
何かに導かれるように、こぎん刺ししてたのですがとても良い時間でした。

刺しているのは、着物の帯地。
最近のものではないようですが面白いと思って手に入れていたのです。
刺繍用の帯地ってあるのね。実用品でがっちりしっかりした布です。
b0146998_10523962.jpg
アクリル製のコングレスと説明がありました。
長さを見ると実際に着用できる帯。30cm×470cm。
9目のコングレスで少し目が詰まっています。
厚地なのでぐし縫いはできず、アップダウンで刺すことになります。
ぐし縫い苦手でこぎん刺しをあきらめた私には、ぴったりの布地。
どんな糸で刺そうかと試行錯誤。はじめは刺し子糸で刺したのですが
布地の厚みに負けて途中で毛羽立ってきてNG。25番だと5本どりが
丁度いいのですがいちいち分けるのが面倒。家に合ったDMC5番が
一番しっかりしていて布地に負けなかったのでこれで刺すことにしました。
糸選びも楽しいし、どんな糸もすでに持っていて次々ためせる家の在庫状況にも苦笑。
b0146998_10524396.jpg
DMC5番はてまり糸としてたくさん持っているのですよ~♪
発色が綺麗で好きです。色糸を選んでしまうのは鎌田先生に師事しているから。
飽きずにさせて楽しいです。

ぐし縫い苦手派なので、アップダウンで刺すのですが
布地が大きくちょっと扱いにくいです。
色々と刺してみて、右手上、左手下の刺し方が一番いいみたいと行きつきました。
右手で刺して、左手で受け取って下から刺す。
ビーズ刺しゅうの時やった技法。日本刺繡由来みたいです。
トルコのオットマン刺繍もこの手の動きでした。

両手を使うこの方法、熟練すれば手の動きに無駄がなく一番早くさせるのですが
まあ、左手って動かないですよね~~~
左手で下から上に刺すとか、無理無理無理~~なんて思っていたのですが
両手を使って刺しゅうするのも脳トレになって良いのかも♡
こんな風に自主練するのも楽しかったです。

そんなこんなでこの期間、完全に世間から隔絶状態。
こぎん刺しを友として、頭の中を常に数字で清浄に満たしてくれ無事過ごせました。
ほんと、余計なこと考える暇一切ないのってすごいですよ♪
(邪念がはいると確実に間違える、、、座禅か!!??)

実際に着用できる帯、これを総刺しするとなると、、と試算してみました。
この4日間の進み具合とかから見て、糸代だけでおよそ5万円。
時間にしてたぶん200時間。まあ集中すればの話なので、もっとかかると思う。
そう考えると、帯としてこれを完成させることはないだろうな。
自分のためのサンプル布として時々刺し進めていくのは楽しそうです。

家族のインフルエンザ明けでようやく色々なことを考える余裕もでてきました。
ほんとはやるべきこと山積みになっているので
つかの間の隠遁生活からそろそろ社会復帰していこうかなと思います^^
今回自分は罹患せずに切り抜けたみたいなのですが
まだまだ風邪のシーズン真っ盛りなので気を抜かず頑張っていこうと思います。
食べる、寝るとっても大事~~♪








by Fokame | 2019-02-01 11:43 | てまりと刺し子とこぎん | Comments(0)

ホビーショーで『てまり体験』

懸賞 2018年 04月 26日 懸賞

本日から国際展示場ビッグサイトにてホビーショーがはじまりました。
26~18日の3日間、あらゆる手芸の祭典が開かれております。
毎年この催事は大盛況。人が多いのですよね~~ホント。
手芸界のみなさまの熱気を感じます!!

これがビッグサイト!!!
コミケ会場もここだし、、、なんだかんだでこの建物には縁があるような^^
b0146998_23045968.jpg
私が所属している日本てまりの会は、H10でブースを出しております。
てまりの作品展示、本や完成品、キットなどの販売、
そして講習会をしているのですね!
今日もたくさんのお客様でにぎわいました。
b0146998_23050631.jpg
体験費用は、キット込のお得な価格。
いくつかある中でお好きなものを選んでいただいて刺していきます。
土台まりは完成していて、金糸で地割もしてあるので
すぐに模様をかがることができます(夢みたいです♪)

ご予約制はとっていないのですが、お席が空いていればすぐに刺し始めることができます。
今日の様子ですと、開場してからすぐの午前中は比較的すいておりました。
お昼近くなってくると、もうお客様がいっぱいでお席も順番待ちになってしまって
申し訳なかったです。
てまり体験をしてみたいな~~というかた、開場後すぐがねらい目ですよ!!

今日よく聞かれた質問が「どれくらい時間かかりますか?」
そーですよね、せっかくホビーショーに来ているのだから
ずっとここに座りっぱなしもお時間もったいないです。
完成までやろうと思うとゆうに1~2時間。
体験なので、刺し始めと刺し方のコツだけ聞いて、
あとの仕上げはお家でなさるということであれば
器用な方なら30分ほどでも大丈夫かと思います。
体験しないで、教材だけ買ってお家でチャレンジしてみるという方も多かったです。
もちろん腰を据えてじっくりお作りになる方も。
みなさまご自分に合った方法で体験を楽しんでいらしたように思います。

先輩先生方がずらりなので、ぺーぺーの私はご案内と呼び込みをしていました。
開場してすぐなので
「おはようございます!てまりの展示はこちらでーす」と声を張るのは楽しいです♪
すると、、、とんとんと肩をたたく方が、、、
そこには、良く見知ったお顔。
ビーズ関係の方々もたくさんいらしていました^^
やっぱ手芸界狭いような濃いような。
「てまり初めてなんですーー」なんて可愛らしい事いいながら座っても
いざ針を持つとビーズで鍛え上げた方、
それはそれは美しく正確な針目をご披露してくださいました♪
ホビーショーにいらっしゃるぐらいの猛女さま、皆さん腕は確かです。

本日の体験をきっかけに、てまりっていう世界があることを知ってくださるとうれしいです。
てまりは80、90歳になっても楽しめます。
老眼が、、、などと言っていてもてまりなら大丈夫。
いくつになってもたのしめる手芸があるってわかると
歳を重ねていくのももっともっと楽しくなりますね♪



b0146998_23080252.jpg
明日もあさってもてまり体験ブース開催しております。
私のお当番は今日だけだったのですが、ホビーショーに行かれる方
ぜひてまりブースをちょっぴり覗いてみてください^^

H10は、入り口を入ったらまっすぐ壁に突き当たるほど奥まで行って下さい。
そしてつきあたったら左の方にすこし移動して頂くと見つけることができます。
奥の壁の方です。トイレ探してたらあった~~みたいなところですが
真ん中の通路ばっかり歩いていないで、どうぞ奥までお運びくださいね。
お待ちしていまーす\(^o^)/


by Fokame | 2018-04-26 23:29 | てまりと刺し子とこぎん | Comments(0)

ホビーショー、てまりのお手伝い♡

懸賞 2018年 04月 05日 懸賞

日々地味~~~にコツコツと作業に励んでおります^^
この時期は毎年忙しくて、ついつい他の習い事がお留守になってしまいます。
月3回のてまり教室、月1回のこぎん教室。ちょっぴり我慢ですかね、、(TT)

水曜日のてまりは行かれないかな、、って思うけど
そんなに月単位で休むのはさみしいので、時間をひねり出していってまいりました。
先生方にお会いできて嬉しい。
そして、やっぱり昨日は行ってよかったのです。

日本てまりの会では、毎年ホビーショーに出展しているのですが
そのてまり体験会でのキット作り作業があったのね。
今年も可愛らしいてまりがたくさん体験キットになっていますので
どうぞ日本てまりの会のブースにおいでくださいませ。

私も体験会のお手伝いに行きます。
初日の4月26日午前中、補助としてブースにおります。
てまり体験はご予約とかでなく、おいでいただいた順になります。
お席が空いていればすぐにご案内できますが
一杯の場合、お待ちいただくことも、、、、
近くを通りかかった時に「空いているかな~~」とのぞいてみてください。
土台は地割までした状態で、あとはかがるだけ。
たくさんの種類がありますので一緒に楽しくてまりを作りましょうね!!

b0146998_20212939.jpg
これは、私のてまりビーズ。
これをみれば、私がてまり教室が大好きってわかっていただけますよね。
まるくてころころってやっぱり可愛いです♡
ビーズアートショー準備で忙しいとか言ってないで
時間を作っててまりにも励みまーす\(^o^)/

by Fokame | 2018-04-05 20:31 | てまりと刺し子とこぎん | Comments(0)

2か月がかりのこぎん刺し

懸賞 2018年 03月 13日 懸賞

月に一回こぎん刺しのお教室に通っております。
カリキュラムがしっかりしているところで、どんな人でも順番に課題を重ねていくお教室。
皆さん年単位で通っていらっしゃいます。

あれやこれやイソガシーーと思っていて、時には続けられないかも、、、
って思うことも多々あるのですが、整然としたこぎんの模様は大好きで
こぎん刺していると気持ちが落ち着くので、
やっぱり少しずつでも続けていけたらいいなと思っています。

普通は月に一回で仕上げていくのですが、今回は2か月かかってしまった。
b0146998_20472504.jpg
b0146998_20465200.jpg
恒例の表と裏です。
きちんと並んだ模様をサンプルのように並べて見たくて刺しました。
明日はまたお教室。新しい課題を頂くことができます。
次はどんな方針で刺していこうか、ゆるゆると考えながらお出かけ楽しみです。

ビーズアートショー用のサンプルも佳境です。
先日の打ち合わせで、全部作りなおそうと思ってちまちまやっております。
時間があればあるほどアイデアが出てしまい、ああしたいこうしたいのてんこ盛り。
今はまだそれを楽しみつつ、程よい頃で手を打っていこうと思います。
b0146998_20360527.jpg
こないだのこれもね、裏の作り方全部違うの。
どの作り方がキットにふさわしいか、、、、
頭で考えても実際に作ってみないとわからない実践主義(?)
とりあえず、レシピの方針は決まってあとは色合わせであれこれやっているところです。
もう少ししたら色のバリエーションもご紹介できると思います(*^_^*)

by Fokame | 2018-03-13 20:55 | てまりと刺し子とこぎん | Comments(0)