<   2018年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

ビーズで作るカレイドサイクル

懸賞 2018年 07月 31日 懸賞

ぱっと見たときに「これ、どうなっているんだろう」「どうやって作るんだろう」
なーんて思うと、作ってみたくて、作ってみたくてワクワクしちゃいます。
昨年の秋に作った、カレイドサイクルの試作品。
ビーズで作れることは作れたんだけど、
どうにも構造が固くてうまく作動しなかったの。

出来上がっても、くるくる回せないんじゃつまらない、、、
ってことで、試作第一号はそのままに次を作りましょうって思ってたのだけど
やっぱりなかなか難敵なので、とりかかるには時間がかかっちゃった。
頭フル回転させないと、取り組めない。
並みの集中じゃなくて、時間を忘れるほどの集中が必要ってわかってたので
その状態に持っていく勇気がでなくて、取り組めなかったのね~~~

ここのところ、刺しゅうを刺しながらも
急に「とがった固いものが作りたい」衝動に駆られて
久々にやりましたね~~デリカビーズのオフルーム。
まずは昨年秋の試作品第一号の観察から。
自分でどうやって作ったのか忘れちゃってたので、当時のメモノートをみながら。
頭の中では「ああやればよい」「こうすれば作れるはず」があったので
まずは試してみました。
最近は新作のビーズなども出ているので、変わった形のビーズとかも使ってみたりして。
b0146998_23324729.jpg
画面上が昨年の試作品1号。
下段右が今年の試作品2号。左が試作品3号。

連結方法を変えたり、使用ビーズ変えたり、
展開図そのものを変えてみたりで作ってみました~~
久しぶりの集中っぷり、自分でもすごかったです。
目の前のビーズ以外何も考えられなくなって、ご飯とかもどうでもよくなって
作りまくる日々(家族のご飯は作りましたよ♪)
針を強く持ちすぎて、指の皮むけていたくなってきたころにようやく完成。
3号ができたとき「やったー」と叫んで投げちゃいました。

がっちりつくっているので、ちょっと投げられたぐらいじゃ壊れませぬ。
1号の「動作が固い」「壊れそうで怖い」という弱点を見事克服。
3号ちゃん、満足のいく出来上がりになりました。くるくる回して遊べます。
『からくり三角』と名付けますよ♪
基本構造ができたので、ここからデザインとかでまた遊んでいきます。

しかし、ここで新たな問題が!

そもそもの展開図から見直して、構造から作り直したので、、、
簡単になりすぎたのです( *´艸`)困ったぐらい簡単に。
カレイドサイクルって、どうなってるの??っていう
構造上の面白さが全部すっとばされて、めちゃくちゃわかりやすい構造になっちゃった。
「え、これだけ?」「、、、、、」
簡単になるのはいいことなのですが、あまりにも単純になっちゃったので、そこのとこどうしようって思っちゃいます。(カンタンすぎるとつまらない病^^;)
まーとりあえず、完成したし、指先が治ったらまたゆっくり見直してみたいと思います。
オフルームは楽しいのだけど、指先を痛めるので困っちゃいますよね~~

固くてころっころしたもの作りたい欲望が満足したので
また目の前の作品あれこれに取り組んでみたいと思いますヽ(^o^)丿

[PR]

by Fokame | 2018-07-31 23:48 | ビーズ | Comments(2)

トルコで毎日ウズベキスタンの家庭料理(トルコ旅④)

懸賞 2018年 07月 30日 懸賞

トルコ旅のお話、今回はお食事編です。
食卓には毎日先生の手料理が並びます。
トルコに行ったからトルコ料理でしょう、って思うけど
これらは全部、ウズベキスタン料理です。
毎日、お昼と夜、先生のおうちでご馳走になりました。
刺しゅうを習う上、毎日お食事までたかる日本人、、、
私たちの面倒を見ながら毎日のお食事の用意まで、、、、
先生とそのご家族にはものすごーーく感謝です!!!
最後の画像は「プロフ」というお料理です。
たくさんのお食事の中でこのプロフが一番好きでした。
日本に帰ってからもあの味が忘れられず、ネット検索して作ってみました。
スパイスさえ用意できれば、よく似た感じで作れるのでうれしい。
先生の味を思い出しながらまた作ってみたいです!



先生のお孫さん。
お伺いしたら、ちょうどゆりかごで寝かしつけているところ。
「赤ちゃんが中に居るの?」と聞いたら
わざわざゆりかごの布をとって赤ちゃん見せてくれました。


b0146998_20581128.jpg

あーー、そんな起こさなくても、、ごめんなさい~~と思っても
ゆりかごの中はとっても興味深かったです。
赤ちゃんきっちり丸縛り。
ゆれても落っこちないようにきっちり縛っています。
このあとお尻の事情もみせてくださいました。
お尻のところに穴が開いていて、おしっこもうんちも
お尻が汚れないような構造になっているのです(画像は自重)
ウズベキスタンの知恵すごいです!!
b0146998_20580722.jpg
先生と赤ちゃん。起こしてしまってごめんね^^;;;




[PR]

by Fokame | 2018-07-30 20:08 | トルコ旅行 | Comments(0)

トルコの道は大渋滞(トルコ旅③)

懸賞 2018年 07月 27日 懸賞

4月にトルコに行った時も、7月に行った時も目的は同じ。

ウズベキスタンのスザーニ刺しゅうを学ぶため。
本場ウズベキスタンの刺しゅうの先生、ディラーラ女史に習うために行ったのです。

イスタンブールのグランドバザールのそば。
ホテルもその近くにとり、毎日徒歩で先生のおうちに通いました。
距離にするとわりとすぐそこなのですが、トルコの道路事情と交通事情で
毎日「今日こそ、死ぬかも!!??」と思いながら先生の家に通いました。
b0146998_20575579.jpg
b0146998_20580007.jpg
ホテルを出てすぐ、石畳の道を海側に下ります。でこぼこ道なので
しっかり足元を見ておかないとつまずいて危ないです。
道の両脇はホテルだったりお店だったり。
時間によっては宿泊者の荷物が山積みだったり、仕入れの荷物が山積みだったり。
下手すると道路にまではみ出していることもあって
まっすぐ歩くのはなかなか難しい。やむなく車道を歩くこともあります。

十字路を渡って、反対側の道に行けばすぐなのですが、ここがまた大変。
自動車が多いのです。ほんとに多いのです。
その車が、十字路をぎゅうぎゅうに突っ込んできます。
じりじりぎゅうぎゅうと隙あらば頭を突っ込んでくる車ばかり。
大きな道路ではないので、信号機がないの。
人間はその車の横をすりぬけながら歩くわけ。
「えーーーー」なんて言ってたら、一日たっても渡れない^^;;
車の動きに合わせて、車の流れの中を縫うように歩いていく人間たち。
車も減速してくれることは少なくて「そっちがよけろよ」状態で突っ込んでくるので
「今しぬーー」「もうだめーー」なんて思いながら毎日必死に渡っていました。
慣れてくればね、車の流れの中を泳ぐように渡れるようになるのだけど
ひたすら必死に人の背中を追いかけて渡る日々でございました。

道は凸凹、車はガンガン。石畳のイスタンブールの裏道は結構ハードです。
道路をクリアしたところで、先生のおうちは、ビルの3階。
エレベーターなんて無いので階段を上ります。
b0146998_20580447.jpg
目が回っちゃうような階段。
真っ暗だったり、ガラスが割れてたり環境はなかなかハードです^^;;
ぜーぜーはーはー言いながら、いつも先生のおうちの玄関を入るころは
まともに挨拶もできないほど息がはずんでおりました。
イスタンブールの人、街中は坂道だし毎日階段だし、足腰丈夫になるな~~

外見はだいぶ古びて見えても、おうちの中は綺麗になさっています。
b0146998_20582075.jpg
上の画像は食卓。
下の画像はレッスン室。
前の日に散々ちらかして帰っても、次の日はきちんと整えられていました。
b0146998_20581636.jpg
先生のご自宅でひたすら刺しゅうをする毎日。
窓の外はすぐ道路で、街の喧騒がそのまま飛び込んできます。
クラクションやサイレンや工事や荷物の積み下ろしの音が響く。
窓から覗く道路はいつも渋滞です。
b0146998_20584567.jpg
道の真ん中で平気で作業とかしちゃうから、そりゃあちこちで渋滞しますよね^^;
それでも、野中さんから「トルコで車をもつのは贅沢なこと」って聞いてから
「ああ、あの車はお金持ちさんが乗ってるのね」って思うようになったりしました。

街中の渋滞もすごいですが、路地の渋滞もこんな感じでぎゅうぎゅう。
その中をスイスイ歩けるようになったら、もうあなたもイスタンブール人って
思いますが、そうなれるのはまだまだですね~~

トルコ旅のお話まだまだ続きます!

[PR]

by Fokame | 2018-07-27 22:05 | トルコ旅行 | Comments(0)

トルコのホテルで心霊騒ぎ(トルコ旅②)

懸賞 2018年 07月 25日 懸賞

トルコ旅のことを書こうとするのですが、なにしろ4月にも行った同じ場所。
そこに5日間滞在するわけで、毎日毎日先生のところに通って習いました。
、、、、これだけで文章が終わっちゃったら困っちゃう。
どう書こうかと思ってるうちに、思い出したことがあります。

それは、ようやくトルコに着いて
「やれやれ、やっと寝られる」と思ったその晩のこと、、
もうへろへろで、へとへとで、それでもお洗濯の計画が大きく狂ったので
お洗濯もしてもうぶっ倒れそうになってベッドに入った頃。
夜中の2時くらいだったと思います。

ああああ、、、ようやく寝られる、、、、と部屋の電気を消してしばらく。
部屋の電気は消して寝る派なのですが、真っ暗は怖いのでトイレの中の電気はつけておいたのね。
目をつぶってしばらくして「カチッ」って音がしたような気がして目を開けたの。

そしたら、つけておいたはずのトイレの電気が消えてる。
「え」と思ったら、クローゼットの中の電気が付いた。
「なんで」と思ってると、今度はいきなりテレビが付いた。
その間、私はベッドの中でじっとしているだけ。
「なんでなんでなんで」
とにかく起き上がってテレビを消す。

なんかいやだなーーーと思いながら、寝ようとするとまたさっきを同じように
何もしていないのに、電気が付いたり消えたりし始めた。
「いやだ、これ、アレだったらいやだ、ものすごく嫌だ」
テレビが再び付いてまた消える。
さっきは気が付かなかったのだけど、テレビの画面に顔が!!!!!!
ウインクしてきた、、、、
この画面に映る目みたいなのがウインクしてくるの(やめて( ノД`)シクシク…)
b0146998_20504858.jpg
これは昼間の画像だけど、
夜中真っ暗な中この目みたいなのがぽぅっと浮かび上がってきてもう、、、、
もーーーー怖すぎる!!!!!!これは、アレ!アレ!!怖いアレ!!!
「絶対アレなので、あと1回こんなことが起こったら、絶対に部屋を変えてもらおう!!」
って決意して今か今かとまっていたのだけど、かえって強く決意したからか、
もうその晩は何事も起こらず、私もいつの間にか眠っていました。

翌朝、昨夜のこと言ったらみんなに絶対笑われる、茶化されると思ってたけれど
黙っていることができなくて「実はゆうべ、、、」と打ち明け始めました。
この旅のお頭である野中さんは、よくそういうことに遭遇するそうで
早速このホテルに関する怪談を「あーで、こーで」と披露してくれました。
だから、言うの嫌だったんだよ―――。まだあと4泊もあるんだよ!!!

本当にすっかり心霊だと思い込んで、ぶるぶるの私だったのですが
「そういえば」とほかの人が話し始めたの。
「ゆうべ、停電あったよね」「うん、2回あった」

「、、、、ん、、、???」

私は、すでに部屋の電気を消していたので、停電には気が付かなかった。
それでも電源ON.OFFが繰り返されたことで、あちこちに誤作動が起こった。
テレビがついたのも、その影響。
つまり、、、、、、、、ただの停電、、、、、心霊的なアレとかじゃなくて、、、、

えーーーーーーーーーーーーーーーー
野中さんが、まだ何か言いたげだったけれど(泣)そういうことにしておきます。

クローゼットの電気は人感センサーで付いたり消えたりするので
真っ暗な中で、いきなりついたセンサーには心底仰天。でも停電での誤作動。
テレビ画面のウインクは、明るい時間に試してみると電源をON.OFFするたびに
いちいち画面のお顔がにっこりウインクしてきて、電源が切れるシステム。
だから2回の停電によって、あっちでもこっちでも心霊的なアレが起こってしまったけど
あとからわかれば、なーーんだ、なことではあるのですが、
とにかく、トルコの1日目の夜、何も知らない私は、心底震え上がってしまいました、、

真っ暗な夜を過ごす中、心霊と思ってたのは私だけ?
ほかの部屋の人は「停電だ~~」と思ってただけ?
あたし一人が、ぶるぶる震えながらトルコの最初の晩を過ごしたって訳。
、、、、、、停電で心底よかった、、って思います(;'∀')

連泊したのはこのホテル。
b0146998_20585283.jpg
グランドバザールに徒歩圏のとっても良いホテル。
毎朝のご飯が楽しみでしたよ^^
b0146998_17453988.jpg
b0146998_17383828.jpg
b0146998_17382601.jpg
b0146998_17383194.jpg
b0146998_17382153.jpg
b0146998_17381220.jpg
b0146998_17384776.jpg
これをてもぐもぐ食べながら、ひーひーと心霊事件を打ち明けてました( ノД`)シクシク…




[PR]

by Fokame | 2018-07-25 21:22 | トルコ旅行 | Comments(0)

気持ち悪いと思ったら熱中症!?

懸賞 2018年 07月 24日 懸賞

毎日暑すぎるので、ちょっと熱中症の話題を、、、
テレビなどで熱中症対策を連日放送してるけど、
「水分」「塩分」をとりましょう。

うん、つまり水分と塩分さえとっておけば大丈夫よねとか思ってしまいがち。
私がそうでした、、、、
そして、自分の体で実感してしまったのです。

ものすごく暑くて、たくさん汗をかいたりして体がべとべとになっていた暑い日。
エアコンの中に入って「はー涼しい、生き返ったわ」とか思ってても
なんか、暑いし、なんか、気持ち悪い、、、、?
 吐き気を伴う腹痛なんかもあって困ったなー。
「あれ?食べ過ぎ?」と思っていたの。「ま、トイレ行けば治るでしょ」とか
のんきにしていたのだけど、トイレで出るわけでもなく、どうにも気持ちが悪い。
エアコンの中に居てもその気持ち悪さは治らなくて、冷や汗まで出てきちゃいます。
わーー、やばい~~~~

一瞬、熱中症かなと思ったけど、たくさん食べて飲んだ後。
水分と塩分たっぷりなので、まさかそれはないでしょーって思っていたのね。
そうこうするうち、気を失ったらシャレにならないと思うレベルの気持ち悪さが。
気を紛らわすために、冷たいペットボトルを買って座り込み。
すぐ飲むでもなく、なんとなく首筋にあてたりしていたら
ものすごーーく、気持ちいい。あれ?なんでこんなに気持ちいい???
ペットボトルで冷やすこと数分、なんだか気分がよくなってきてようや正気に。
気持ち悪さも収まって、無事トイレも開通してめでたしめでたし。

今から考えると、あれ熱中症だったのかもしれません。
私の知識では、熱中症は水分と塩分が不足すると起こるって思ってた。
そしてそれは、頭痛を伴うって思ってたのだけど
ただ気持ち悪いだけの今回、まさかそれが熱中症だとは~~!?
しっかり水も飲んでいたのに、、、
でも胃の中でちゃぷちゃぷするだけで、吸収できなくなってたみたい。
水分とってりゃ大丈夫って認識危ないね。

そんな経験があった昨日、家族が「気持ち悪い」って言いながら帰ってきました。
よくよく聞き取ると私と同じ症状。
あれだなっと思って、さっそく首筋をアイスノンしたら、しばらくして回復。
「えー、元気になった!?」本人もびっくり。

熱中症は、水分塩分だけではありません。
この時期、なんかやばいと思ったらとにかく「冷やす」
汗をかけなくなって、熱が体の中にこもることもあります。
具合が悪そうな人に、水をあげれば大丈夫って思わないでね。
もちろん飲めるようなら、飲んでもいいけど本当にやばい時は
水も飲めない、、、^^;;
とにかく、冷やしてあげて。
自販機のペットボトルでもなんでもいい、首筋冷却で危機を脱してくださいませ!!
まだまだ続くであろうこの暑さ。

水分と塩分さえとってりゃ大丈夫って、思ってると危険!!
自分と家族の経験でーす。
なにがなんでも、まず冷やす。
どうぞこの夏をお健やかに乗り切ってくださいませ~~
b0146998_20561105.png
b0146998_20560692.png



[PR]

by Fokame | 2018-07-24 21:00 | 日々のこと | Comments(2)

そして飛行機は飛ばなかった(トルコ旅①)

懸賞 2018年 07月 23日 懸賞

7月14日~20日の日程でトルコのイスタンブールに行っておりました。
目的は、スザーニ刺しゅうの習得。
4月に行った先生のところに、再び飛んだのです。
日程をたくさんとったので、今度こそゆっくりじっくり学べるぞって楽しみにしていました^^

イスタンブールに5泊。同じホテルで勝手がわかっているので
荷造りもさっさと済ませて後は飛ぶだけ~~
夜22:30のトルコ航空をとったので、成田エクスプレスで意気揚々と参ります。
同行者とも無事に落ち合い、出国手続きもさっさと済ませて無事搭乗。
出発予定も少し早まったようで、幸先よし。あとは飛ぶのを待つばかり~~
でもね、、、と悲劇はここから始まります。
飛行機には乗り込んだものの、まてど暮らせど出発しない。
まあ、機体整備とかあるからね、、、、と思っていたのですが
急にアナウンスが!

「当機体は出発に向けて、機体整備をしていたのですが、成田空港の出発刻限の
23時を過ぎましたので、本日は飛ぶことができなくなりました~~~~」
「えええええ~~~!!??」、
「飛行機をおりたら、各自預け入れ荷物を受け取ってください。
ホテルの手配はできませんでした。各自とどまるなり、お帰りいただいてもよいです」
(え、ホテルってお航空会社がとってくれるもんじゃないの!? 
交通機関ももう終わる時間だよ?)
「成田空港にとどまる方には寝袋をご用意しております」
(えーーーーーーーーー!!!!!)ですよ。ほんと、マジな話なのです( ノД`)シクシク…
まあ言葉は少々略していますが、まあこんな内容が伝えられたのですね。

初めてのことで呆然としてしまって「そうか、寝袋なのか」としょんぼりするばかりだったのですが
どうやらそれはおかしいことらしいの。

同行者の旅慣れたメンバーが、こんなことはありえないと言い出した。
「今までにも飛行機飛ばないことは何度もあったけど
必ず宿泊の手配はしてくれた。こんな時間に解散の上に寝袋はなんてありえない!!」
それを聞いてようやく、今回のトルコ航空の対応がひどいことに気が付いた。

23時の刻限を過ぎている段階で、交通機関はもう終わっている。
そしてホテルもなく、帰ってもいい。とどまるなら寝袋。
こーーーんな対応はものすごく変なことなんだ。ありえない!!そーーなんだ。
経験者がいたから、おかしいと思えたのだけど、自分ひとりだったら
シクシクと寝袋で寝るところだった、、、経験ってすごいな。

なーーんて言ってても、状況は変わることでもなし。
混乱のままに機体を降りることに。あっちの通路ではおにぎり配っていたけれど
こっちの通路には何もなし。ああああ~~( ノД`)シクシク…
先ほど、うきうきと通った出国審査場。逆に出ていくことに。
「あれ?私たちって出国扱い??」って思っていたらこんなハンコがどーーん。
b0146998_21085409.jpg
出国中止!!!!!!!

例によって旅慣れメンバーが「初めて見た!」というので
これはとっても異常事態なんだということがわかってきたの。
ものを知らないのでと、こんなものなのかーーと思ってしまって(;'∀')
とにかくとんでもないことが起こってるのは理解しつつ、さあどうしよう。

スーツケースを受け取ってしまったものの、今晩は本当にどうしよう。
ホテルの手配もなく放り出されるなんて、、と自力でのスマホ検索するけれど
回線が全然つながらない(300人が一斉に検索してるはずだから、、)
成田から横浜に帰るには遠すぎる、、
成田市に実家のあるメンバーが、全員を実家にお招きしようと電話入れたりする中
旅行手配の社員さんから連絡が入ります。「ホテルとりました!」

神様に見えたよ~~~女神様だよ~~~~

今回、航空機は自力でとったので、その社員さんが手配する義理はないのだけど
それでも頑張ってホテルとってくれた~~
はあ~~もうありがとう~~足を向けて寝れないわ!!
通路で、寝袋とともに横になる人を見つつもも、とにかく今晩の宿へ。
徒歩圏のホテルだったので、4人でスーツケース引っ張りながらとぼとぼ歩き始めました。
もう夜中の12時で、空港の出入り口も制限されてて「本当に夜中なんた、、」
と思いながら歩きます。
途中で寝袋を配っているところに出くわし、いっそいただいてやろうかとも思ったのですが
ついついお利口さんで「どろぼーはよくない」とか思ってもらってこなかったの。
あとで、ほんとにパクった人を何人も見かけて
「記念にもらっておくべきだった」とか思っちゃった。

4人で二部屋。ようやくシャワーが浴びられる~~ってところで、1時近く。
お腹がすいた。機内のおにぎりこっちの通路にもくれればよかったのにとか思いながら
ホテルの自販機のおにぎりをたべました。
なんか本当にもう~~~もう~~~~

こんなんでも、ずいぶんひどいな~~と思うのだけど
もっとひどいのが、見通し、予定、連絡がほぼなかったこと。
各自のアドレスと名前を書いてくれたら連絡しますとか何とか言ってても
(それも白いコピー用紙に直書き)
本当に飛行機が飛ぶのか、それは何時なのか。わからないから予定もたたない。
電話してもはっきりしないので、ホテル待機をあきらめて
翌日、カウンターに直接行くことになるのです。

空港で寝袋待機した人の話を聞いても
まったくわからないので、カウンターのそばで夜明かししたとか。
飛行機がとばないとか、なにかトラブルあるとかは仕方ないにしろ
もう少し対応を真摯にしてくれたらよかったのに、、と思います。
アドレスも聞き取ったならきちんと連絡をしてほしかった。
するといったことが、全然あてにならず不信感しか残らなくて残念。

結局、昼頃飛ぶとか言ってた飛行機は、夕方の4時。
再び搭乗手続きの長い列に並びます。
昨日から何時間待ってばかりなんだろう~~何もしないというか何もできない2日間って、、
b0146998_20450529.jpg
b0146998_20451059.jpg
ようやく機上の人になって、飛ぶこと12時間。
イスタンブールについたのは、夜でした。
b0146998_20451346.jpg
本当なら、その日の朝4時について行動を開始できる予定だったのに
丸一日を失くしてしまいました。
空港に到着した時、いつもならワクワクドキドキするはずなのに
なんだかもう帰ってきてしまった気分というか
やりきってしまった感があって、旅が全部終わったような気分でございました。

こーんなことで始まったトルコ旅。
一日減ってしまったけれど、まあ今は無事に日本にいることですし
また少しずつ旅のお話を書いてみたいと思います^^

飛行機が飛ばない時ってどうなるか。
ホテルが取れないって信じてはいけません。
ホテルが満室だって信じてはいけません。
航空会社が手配しきれなかっただけ。
どこか空いてるところもあるはず。
あてにしてはなりません。自力でホテル訪問すれば空いていることだってあります。
(実際ホテルのフロントでは、まだ空きがあると言っていました)
こんなこと、、、学びたくなかったなーー
よい経験しすぎました( ノД`)シクシク…

さあ、トルコ旅の始まり始まり~~♪





[PR]

by Fokame | 2018-07-23 21:39 | トルコ旅行 | Comments(2)

明日からトルコです

懸賞 2018年 07月 13日 懸賞

4月のスザニ刺しゅう修行の続編で、明日からまたトルコに行きます。
前回と同じ先生のところですが、今回は5日間びっしり習うことができるので
ゆとりがあっていいな。ばっちりしっかり習ってきます。

行くのはトルコのイスタンブールです。
どこも観光せず、イスタンブールの先生のおうちとホテルを往復する毎日。
前回のレッスンから自分なりに「こうかな?」と思う
なんちゃってスザニを刺したので、それも見ていただこうかと。
「あーー、ここが違う、こうするのよ!」なーーんてご指導がいただけるといいな。

ビーズアートショーがあったり、12月の講習に向けての打ち合わせなどがあり
じっくりと腰を据えて刺すことができなかったのが、残念でしたが
今の私なりに刺せたので嬉しいです。
今度の修行を通して、またずずいとスザニ刺しゅうに迫ることができればいいな~~
b0146998_23291833.jpg


b0146998_23375853.jpg
b0146998_23380157.jpg
b0146998_23380429.jpg
b0146998_23292049.jpg
4か月ぶりに息子が休暇で戻っているというのに、行ってしまう母。
自分でもあーあと思いますが、、、習えるものは習えるうちに習っておきたい!!!
留守を息子に任せて、、、行ってきまーす( *´艸`)


[PR]

by Fokame | 2018-07-13 23:40 | トルコ旅行 | Comments(0)

Bead Art 26号トカゲちゃん見てね!

懸賞 2018年 07月 12日 懸賞

ビーズの専門誌Bead Artの新刊26号が届きました!
b0146998_19391479.png
涼やかな色に、すっきりします(*^▽^*)

私はこちらに『ビーズの玉手箱』を連載中。
今はチューブクロッシェについて毎回書いていて、今回はその総集編の5回目です。
昨年夏の22号からこつこつとチューブクロッシェについてこつこつと書いてきました。
ビーズ業界にチューブクロッシェ旋風を巻き起こすことができたでしょうか。
 筒状にくるくる編んでいく基本だけでも面白いすごい。=22号
 ちょこっと模様を入れても面白い=23号
 平べったく編んだり、四角く編んだりできるのってすごい=24号
 チューブを連結させてチェーンに作ったりもできる=25号
今回の26号はチューブクロッシェでつくるトカゲちゃんの編み方大公開です。
b0146998_23571473.png
ものすごく詳しく書きました。
いつもならいろいろな編み図を載せるところですが、
今回はこのトカゲちゃん一択。
通し図と編み図も別々につくりました。

すでに編み図をご覧いただいた方「こう描いたか!!!」って思っていただけると嬉しいです。
いかにトカゲちゃんらしく、かつ面白い編み図にするにはどうしたらよいか
4月に行ったトルコへの飛行機の中でずっと考え続けたものでした。
「これだ!」と思いついた時は嬉しかったです^^

これをみて、編んでみようと思うのもよし。
ほほーーこうやって作るのかと眺めるもよし。
写真を見て「かわいい色のトカゲちゃんだなー」と思うもよし。
爬虫類なのでちょっと迷って載せたトカゲちゃんですが
いろいろな方法で愛でていただけると嬉しいです。
b0146998_22475882.jpg
Bead Art26号はビーズアート神戸の公式サイト でお求めいただけます。
フロリッサのキットも扱っていただいています。
どちらもよろしくお願いいたします( *´艸`)
23号掲載のブラックフラワーネックレスが特にお勧めでーす。
お花模様を入れつつ、反転模様をお楽しみください♪



[PR]

by Fokame | 2018-07-12 21:25 | 掲載誌 | Comments(2)

新しいPC

懸賞 2018年 07月 11日 懸賞

前々から動作がおかしいな~~と思ってたPCで細々とやっていたのですが
この度、えいやっと新しいPCに取り替えました。
「今度のは速度早いよーー」と太鼓判押されて、嬉しいなって思っていたのですが、、。

細かい設定とかデータを移すとかは家族がやってくれたので感謝です。が、、!
肝心の私が、新しいPCに慣れません( ノД`)シクシク… ←新しい顔文字が使えるようになりました!
新しい機械好きじゃないんですーー

ファイルを探すのが大変とか言って、トップ画面一面に並べてびっしりにしていたり
お気に入りももぐってしまうと探せないとか言って、お気に入りバーがものすごく長くなっていたり
そういう人いるよねーー状態なのですが、そんな私なので新しい環境って、困る困る。
メールのレイアウトが変わって新しい画面に慣れないとか、、
何より説明を聞いていると、頭がぼーーっとしてきて眠気が襲ってきてしまうとか、、
必要に迫られてPC使ってはおりますが、ものもとドアナログ人間なので
新しい環境に慣れるまでが大変です。

PCの前に座ると緊張するようになってしまって
今までならPC画面を眺めてぼーーっとしていたりした時間がすっかりなくなり
必要な時だけチェックするようになってしまいました(←正しい)
その間、西日本の大雨ですごい被害になってしまったり
定期健診でひっかかって(;゚Д゚)だったりで、気分的にも下がり気味、、、
それでも来週から一週間びっしりいないので、その前に済ませておかなきゃならないことたくさんで
忙しい今、目の前の手仕事に救われております。

ビーズアートショーでお配りしたチラシのおかげか
結構な頻度で、件名やお名前のないメールが舞い込むようになりました。
あきらかに迷惑メールだったりもするのですが、中にはそうでもないものも。
メールを送っていただく時は、必ず『件名』と『お名前』をお願いします。
そのまま迷惑メールフォルダーに仕分けされることもあるし
うっかり残ってしまうものは、それがどなたなのかアドレスから割り出したり
過去帳を引っ張り出したり時間がかかって大変です。
特に今のように作業時間が詰んでいるときは、結構困っちゃったりします。

ただでさえ、慣れないメールの画面に奮闘している今(泣く)
迷子メールの扱いはとっても大変になります。
メールをする時は、『件名』と『お名前』をお忘れなく!!
どうぞよろしくお願いします。

でも、習うより慣れろですよね~~~
なるべく前のPCと同じレベルで慣れておきたいのでガンバリマス!(^^)!



[PR]

by Fokame | 2018-07-11 17:26 | 日々のこと | Comments(0)

かぎ針熱再燃!?

懸賞 2018年 07月 07日 懸賞

毎日こつこつ作っているのですが、あれこれあって画像はまだなのね。
年末の講習会に向けて、今から全力出してます❣️
自分の講習会だと、作品の試作からすべてネタとして楽しんでいただけるのですが
今回はそうはいかない。キチンとOKもらって皆様にお見せできる日が楽しみです。
あれにしよーーか、これにしよーーか、ホントにたくさん作りためてるので
どんなのがでてくるかな?ってもう少しお待ちください。基本的には、初心者でも取り組めるものですが
経験者でも、ほほーって思えるネタを詰め込めるといいなと思ってます(๑˃̵ᴗ˂̵)

こんな感じで、最近はビーズクロッシェばっかりやってます。
刺繍もかぎ針使う技法で刺したりして
かぎ針熱が再燃中。
かぎ針のビーズボールは私の原点だったんだーと
改めてワクワクしてます。

講習作品が決まるまでは、
過去画像でもご覧くださいませ^^
b0146998_21293124.jpg
b0146998_21292636.jpg
b0146998_21275532.jpg
もっともっとたくさんあったっけって思うと
自分の作品の総量ってどれくらいなんだろう???
数えるのが怖くなっちゃいます(楽しすぎて怖い♪)







[PR]

by Fokame | 2018-07-07 23:39 | ビーズ | Comments(0)